FX初心者はGMOクリック証券がおすすめ!
FX中級者以上はOANDA Japanがおすすめ!

取引ツールは「MT4・TradingView」
MT4でEA自動売買ができる
OANDAオーダーブックで情報戦が有利に
通貨ペアは71種類
API対応で、自動売買プログラムが作りやすい

公式サイトを見る

YJFX(外貨ex)の評判・メリット・デメリットまとめ! FXトレードでTポイントが貯まります!

YJFX(外貨ex)は、Yahoo!の子会社が運営しているFX業者です。

最大の特徴はなんといっても、FX取引でTポイントを貯められること。貯めたTポイントは、Yahoo!ショッピングやヤフオクなどで利用でき、使い道に困りません。

その他にも、FXの基礎が学べる「YJFX! アカデミー」や、バイナリーオプションの「オプトレ!」が利用でき、FX関連のサービスも充実しています。

ただそれでも、YJFX(外貨ex)が他のFX業者と比べてどこが優れているのかは分かりにくいはずです。

そこでこの記事では、YJFX(外貨ex)のメリット、デメリット、口コミ、評判などもわかりやすく解説していきます。

記事はかなりの長文になりますので、目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

 

  1. YJFX(外貨ex)の基本情報
  2. YJFX(外貨ex)の7つのメリット
    1. メリット1、FX取引でTポイントが貯まる
      1. ポイントランクについて
      2. Tポイントの使い道
    2. メリット2、スプレッドが業界最安値(USD/JPYは0.3銭)
    3. メリット3、1,000通貨から取引ができる(取引手数料が無料!)
      1. 取引手数料無料キャンペーンが恒久化
    4. メリット4、FX取引ツールアプリ「Cymo」は対応デバイスが多い
    5. メリット5、バイナリーオプション「オプトレ!」が使える
    6. メリット6、FXのことが学べる「YJFX! アカデミー」
    7. メリット7、レバレッジを変更して、低リスクの取引が可能に(1倍、10倍、25倍)
  3. YJFX(外貨ex)のデメリット
    1. デメリット1、スワップ取引でトルコリラ・メキシコペソが使えない
    2. デメリット2、FX取引ツール「MT4」で注文できない
  4. YJFX(外貨ex)の評判・口コミ
    1. 良い口コミ
    2. 悪い口コミ
  5. YJFX(外貨ex)の取引ツール
    1. Exチャート(パソコンブラウザ)
    2. MT4チャート(分析のみ、発注はできない)
    3. FXアプリ Cymo(サイモ)
  6. YJFX(外貨ex)の情報コンテンツ
    1. プレミアムレポート
    2. GlobalInfo24ニュース
    3. GI24携帯メール
  7. YJFX(外貨ex)のレバレッジは、1倍・10倍・25倍に変更できる
  8. YJFX(外貨ex)のロスカット条件は、証拠金維持率50%未満
    1. 証拠金維持率100%未満なら、ロスカットアラートが発生
  9. YJFX(外貨ex)の通貨ペアは全23種類
  10. YJFX(外貨ex)のスプレッド
  11. YJFX(外貨ex)のスワップポイント
  12. YJFX(外貨ex)の取引時間
  13. YJFX(外貨ex)の入金
    1. クイック入金(手数料無料)
    2. 振込入金(手数料は利用者負担)
  14. YJFX(外貨ex)の出金
    1. リアルタイム出金サービス
    2. 通常出金サービス
    3. 外貨出金サービス
  15. YJFX(外貨ex)の口座開設・審査にはマイナンバーが必要
  16. YJFX(外貨ex)の解約・退会方法
  17. YJFXはこんな人におすすめ!

YJFX(外貨ex)の基本情報

YJFX(外貨ex)の基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.3銭、EUR/JPY0.5銭、GBP/JPY0.89銭、AUD/JPY0.7銭
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:23種類
  • スワップポイント:普通(買い76円、売り-86円)
  • デモトレード:あり
  • 自動売買:なし
  • クイック入金対応:9行
  • ロスカットライン:50%(100%未満でアラート)
  • MT4:利用できない(チャートの閲覧は可能)

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)の7つのメリット

YJFX(外貨ex)の主なメリットは以下の通りです。

  1. FX取引でTポイントが貯まる
  2. スプレッドが業界最安値(USD/JPYは0.3銭)
  3. 1,000通貨から取引ができる
  4. FX取引ツールアプリ「Cymo」は対応デバイスが多い
  5. バイナリーオプション「オプトレ!」が使える
  6. FXのことが学べる「YJFX! アカデミー」
  7. レバレッジを変更して、低リスクの取引が可能に(1倍、10倍、25倍)

では、それぞれのメリットを順に解説しましょう。

 

メリット1、FX取引でTポイントが貯まる

YJFX(外貨ex)では、FX取引を繰り返すことでTポイントを貯められます。

基本的には1万通貨取引するごとに1ポイント貯まるため、取引回数の多いスキャルピングトレードをしていると、ポイントが貯まりやすいです。

特にYahoo!カードなどでTポイントを貯めている人と相性の良いFX業者ですね。

Tポイント周りはYJFX(外貨ex)の最大の強みなので、もう少し解説しましょう。

目次に戻る

 

ポイントランクについて

YJFX(外貨ex)にはポイントランク制度があり、ランクが上がるにつれて得られるポイントが増えていきます。

具体的なランクとポイント付与率は以下の通りです。

  • スタンダード:1万通貨ごとに1ポイント
  • プラス:1万通貨ごとに2ポイント
  • ロイヤル:1万通貨ごとに3ポイント

ポイントランクが上がる条件は、約定回数を増やすこと、もしくは取引数量を増やすことです。

したがって、取引回数の多いスキャルピングトレードだと、ランクが上がりやすいのです。

目次に戻る

 

Tポイントの使い道

YJFX(外貨ex)で貯めたTポイントは、Yahoo!関連のサービスの支払いに利用できます。

Tポイントが使えるサービスは以下の通りです。

特に食料品や日用品などが購入できるYahoo!ショッピングが便利ですね。

Yahoo!関連のサービスをよく利用しているなら、Tポイントの使い道には困らないでしょう。

目次に戻る

 

メリット2、スプレッドが業界最安値(USD/JPYは0.3銭)

YJFX(外貨ex)のスプレッドは、他のFX業者と比べても業界最安値クラスです。

特によく取引されるUSD/JPYのスプレッドは0.3銭で、スプレッドの狭い他のFX業者と同レベルです。

スプレッドが狭ければ狭いほど、FXで得られる利益は大きくなります。特に取引回数の多いスキャルピングトレードをしていると、スプレッドの狭さが利益に直結するのです。

スプレッドの狭いFX業者をお望みなら、YJFX(外貨ex)は有力候補です。

目次に戻る

 

メリット3、1,000通貨から取引ができる(取引手数料が無料!)

YJFX(外貨ex)の最小取引単位は1,000通貨です。そのため数万円ほどの少ない資金からでも、FX取引を始められます。

他のFX業者だと最小取引単位は1万通貨のところが多く、1ロット買うにしても4万円ほど必要になります。

まともな利益を出そうと10ロット買うと、40万円ほどの資金が必要になるのです。

それに対して最小取引単位が1,000通貨であるYJFX(外貨ex)なら、数万円ほどの資金からでもFXにチャレンジできます。

目次に戻る

 

取引手数料無料キャンペーンが恒久化

さらにYJFX(外貨ex)では、1万通貨未満の取引でも取引手数料が発生しません。

以前は取引手数料が3銭発生していましたが、キャンペーンで恒久的に無料になったのです。

これが他のFX業者だと、1万通貨未満の取引では別に手数料が取られるケースが多いのです。

だから1,000通貨取引でこつこつとお金を稼ぎたいなら、YJFX(外貨ex)はおすすめです。

目次に戻る

 

メリット4、FX取引ツールアプリ「Cymo」は対応デバイスが多い

YJFX(外貨ex)ではFX取引ツール「Cymo」もが使えます。

この取引ツール「Cymo」の特徴は、対応デバイスが多いことで、パソコン、iPhone、iPad、Androidスマホ、Androidタブレットに対応しています。

そして、スマホやタブレットのアプリでもテクニカル指標が表示でき、パソコン並みのチャート分析ができるようになります。

FXの取引ツールはタブレット端末に対応していないことが多いですが、YJFX(外貨ex)の「Cymo」ならその心配はいりません。

タブレットでFX取引を楽しみたいなら、ぜひYJFX(外貨ex)をご検討ください。

目次に戻る

 

メリット5、バイナリーオプション「オプトレ!」が使える

YJFX(外貨ex)では、バイナリーオプションの「オプトレ!」を利用できます。

1口当たりの購入単価も1,000円と安く、少ない資産でもFXの練習ができます。

バイナリーオプションは怪しいイメージがありますが、あれは身元のはっきりしない業者を使った場合のみです。

Yahoo!の子会社であれば安全性を保証されているため、「入金したお金が出金できない」といったトラブルも避けられます。

少ない資金でFXを楽しみたいなら、まずはバイナリーオプションから始めてみてはいかがでしょうか?

目次に戻る

 

メリット6、FXのことが学べる「YJFX! アカデミー」

YJFX(外貨ex)では、FXの基本を学べる「YJFX! FXアカデミー」を実施しています。

内容は主にオンラインセミナーで、金融関連のプロがFXについてわかりやすく解説してくれます。

セミナーの受講料金も無料なので、FXの基礎知識を固めたいならぜひとも視聴してみましょう。

目次に戻る

 

メリット7、レバレッジを変更して、低リスクの取引が可能に(1倍、10倍、25倍)

YJFX(外貨ex)では、レバレッジを1倍、10倍、25倍から選べます。レバレッジの倍率を下げることで、FXのリスクを減らせるのです。

他のFX業者ではレバレッジが25倍に固定されているところが多く、他のレバレッジ倍率に変更できないのです。だからFXのレバレッジの倍率を変更できるFX業者は珍しいです。

低リスクでFXトレードしたいなら、レバレッジを1倍や10倍に設定しましょう。そのかわり少ない資金でFX取引ができなくなるので、まともに利益を出すとなると100万円ほどの資金が必要になります。

レバレッジは少ない資金で大きな利益を出すための仕組みです。少ない資金で大きく稼ぎたいなら、レバレッジは最大の25倍に設定しておきましょう。

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)のデメリット

YJFX(外貨ex)のデメリットは以下の通りです。

  • スワップ取引でトルコリラ・メキシコペソが使えない
  • FX取引ツール「MT4」で注文できない

ではそれぞれのデメリットを解説しましょう。

 

デメリット1、スワップ取引でトルコリラ・メキシコペソが使えない

トルコリラ・メキシコペソは、スワップ取引での収益性の高い通貨として有名です。しかし残念ながら、YJFX(外貨ex)どちらの通貨ペアも扱っていません。

一応南アフリカランドも扱っていますが、金利の高い通貨ツートップが使えないのは痛いです。

スワップ取引でトルコリラやメキシコペソを使いたいなら、別のFX業者を利用しましょう。

目次に戻る

 

デメリット2、FX取引ツール「MT4」で注文できない

以前はYJFX(外貨ex)でFX取引ツール「MT4」を利用できましたが、今ではまともに利用できません。

チャート分析はできるのですが、発注機能は備わっていないため、ポジションの注文や自動売買などができないのです。

カスタマイズ性に優れた取引ツールが使えなくなるのは残念ですね。

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)の評判・口コミ

ここまでYJFX(外貨ex)のメリットとデメリットについて解説してきました。

ただこのサイトもアフィリエイトサイトなので、どうしても商品を褒める方向に偏りがちです。

そこでここからは第三者の意見を取り入れるべく、YJFX(外貨ex)の口コミや評判を掲載することにしました。情報ソースは価格.comです。

 

良い口コミ

YJFX(外貨ex)の主な良い口コミは以下の通りです。

スペースの関係上、口コミはかなり簡略化しています。

  • バイナリーオプションが8通貨ペアに対応
  • スプレッドが狭い(USD/JPYが0.3銭)
  • 電話サポートが充実している(休日も対応)
  • キャッシュバックのTポイントは使い勝手が良い(キャンペーンもある)
  • 1,000通貨取引に対応しており、少ない資金でも始められる
  • 当日出金に対応している(他社では翌日が普通)
  • MT4チャートにも対応(現在使えるのはチャート分析のみ。発注はできない)

スプレッドが狭くサポートが充実しているため、利用者にとっても大きな不満などはないようです。

あとはTポイントによるキャッシュバックも評判が良いです。

Yahoo!カードやヤフーショッピングをメインで使っているなら、やはりFXはYJFX(外貨ex)がおすすめです。

目次に戻る

 

悪い口コミ

YJFX(外貨ex)の主な悪い口コミは以下の通りです。

  • チャートが使いにくい
  • スワップポイントは低め
  • ニュースなどのコンテンツは少ない

スワップポイントが高くないという意見もありますが、それでも他のFX業者と比べると高いほうです。

情報コンテンツが少ないとも言われていますが、「グローバルインフォ24」を利用すれば、最新のマーケット情報をある程度手に入ります。

それでも、さらに充実した情報コンテンツが欲しいなら、外為ドットコムなどのFX業者を選んだほうがいいですね。

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)の取引ツール

FXを始めるなら、取引ツールはとても重要です。取引ツールの使い勝手が悪いと、ミスを誘発して、FXでの損失が広がることもありますからね。

YJFX(外貨ex)で利用できる取引ツールは以下の3つです。

  • Exチャート(パソコンブラウザ)
  • MT4チャート(分析のみ、発注はできない)
  • FXアプリ Cymo(サイモ)

それぞれの取引ツールを順に解説していきます。

 

Exチャート(パソコンブラウザ)

Exチャートは、パソコンブラウザで利用できる取引ツールです。パソコンアプリの「Cymo NEXT」でも利用できます。

パソコンブラウザで動かすため、Mac OSやSafari、Firefoxなどに対応しているのはありがたいですね。

また1つの画面に最大6チャートを同時表示できるため、5分足から日足までのチャートをずらっと並べられます。

FXでは日足などで大きな流れを読んで、5分足で細かいタイミングを決めることが多く、チャートを切り替える手間が省けるのは便利なことです。

利用できるテクニカル指標も36種類あり、チャートはカスタマイズ性に優れているため、このツール1つでチャート分析をかなり効率化できます。

目次に戻る

 

MT4チャート(分析のみ、発注はできない)

MT4はロシアで開発された有名なFXトレードツールです。カスタマイズ性に優れ、拡張性も高いため、FX上級者の間で人気があります。

ただYJFX(外貨ex)では、MT4はチャート分析にしか使えません。MT4のサービス対応を停止したため、発注機能が使えなくなったのです。

だからパソコンで発注するときは、基本的にEXチャートか「Cymo」を使うことになります。

目次に戻る

 

FXアプリ Cymo(サイモ)

「Cymo」はYJFX(外貨ex)のFXトレードツールです。

最大の特徴は対応デバイスが多いことで、iPadやAndroidタブレットなどにも対応しています。

そしてパソコンの場合は、パソコンアプリの「Cymo NEXT」、小さい画面で表示できるミニマムガジェットの「Desktop Cymo」があります。

それとパソコンアプリはMacOSにも対応していますが、ミニマムガジェットはWindowsのみ対応です。

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)の情報コンテンツ

FX取引をするなら、マーケットの新しい情報を常にアップデートしておきましょう。

要人の発言やイベント直前にポジションを決済しておけば、変動のリスクを大きく抑えられますからね。

YJFX(外貨ex)では以下のような情報コンテンツも提供しています。

  • プレミアムレポート
  • GlobalInfo24ニュース
  • GI24携帯メール

では、それぞれの情報コンテンツを軽く解説しましょう。

 

プレミアムレポート

プレミアムレポートは、FX業界の著名人が執筆したレポートを閲覧できるサービスです。

プロによる市場分析が見れるほか、他のYJFX(外貨ex)利用者の注文状況なども確認でき、相場全体の流れをつかみやすくなります。

ただプレミアムレポートを読むには、YJFX(外貨ex)の口座を保有している必要があります。実質的にYJFX(外貨ex)限定のサービスですね。

目次に戻る

 

GlobalInfo24ニュース

GlobalInfo24は、外国の為替市場に関するニュースを提供しているサービスです。このニュースサービスは個人では契約できず、法人のみが契約できるサービスです。

しかしYJFX(外貨ex)の口座を持っていれば、このニュースを無料で観ることができます。

FXの重要な情報を24時間リアルタイムで発信しているため、相場の流れをつかむときに便利です。

目次に戻る

 

GI24携帯メール

GI24携帯メールは、登録したメールアドレスにマーケット情報を配信してくれるサービスです。

FXでは相場に強く影響する情報は早めにして仕入れておくべきです。相場が大きく動くと予想できれば、その前にポジションを決済して、損失を抑えられるからです。

相場が動くイベントのスケジュールを把握しておけば、FX取引を有利に進められるでしょう。

GI24携帯メールは利用料が無料なので、FXの勝率を少しでも上げたいなら登録しましょう。

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)のレバレッジは、1倍・10倍・25倍に変更できる

YJFX(外貨ex)ではレバレッジを1倍、10倍、25倍に変更できます。

他のFX業者だとレバレッジは25倍に固定されていることが多いので、レバレッジを変更できるFX業者は貴重です。

ハイリスク・ハイリターンなFXトレードをするなら25倍、リスクの低いFXトレードをしたいなら1倍や10倍に設定しましょう。

ただし、レバレッジを低く設定すると、取引に必要な資金も多くなります。たとえばレバレッジが25倍なら1ロット買うのに4万円ですみますが、レバレッジ10倍なら10万円必要になります。

レバレッジは少ない資金で大きな資金を動かす仕組みです。資金が少ないなら、レバレッジは25倍に設定しましょう。

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)のロスカット条件は、証拠金維持率50%未満

YJFX(外貨ex)では証拠金維持率が50%を下回ると、ポジションを強制的に決済されます。いわゆるロスカットですね。

ロスカットの目的は、FX利用者の資産を守ることです。

ただポジションがロスカットされてしまうと、含み損をかかえられなくなり、後でチャートが有利に動いても収益を得られなくなります。

FXで安定した収益を出したいなら、ロスカットはなるべく避けるようにしましょう。そのためにも証拠金維持率は最低200%以上をキープするべきです。

目次に戻る

 

証拠金維持率100%未満なら、ロスカットアラートが発生

またはYJFX(外貨ex)では、証拠金維持率が100パーセントを下回ると、ロスカットアラートが発生します。

ロスカットアラート状態になると、登録したメールアドレスにアラート通知が送信され、取引画面でもアラートが通知されます。

アラート状態になっても新規の取引は可能ですが、資金的にはかなり危ない状態です。

なるべく早く追加の資金を投入して、証拠金維持率を100%以上に回復させましょう。

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)の通貨ペアは全23種類

YJFX(外貨ex)で取り扱っている通貨ペアは、現在23種類です。これは他のFX業者と比べても平均的で、通貨ペアの種類で見劣りすることはないはずです。

通貨ペアの多いFX業者はこちら

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)のスプレッド

YJFX(外貨ex)のスプレッドは、USD/JPYで0.3銭、EUR/JPYで0.5銭と業界最安値です。

主な通貨のスプレッドを見てみましょう。

  • USD/JPY:0.3銭
  • EUR/JPY:0.5銭
  • GBP/JPY:0.89銭
  • AUD/JPY:0.7銭
  • EUR/USD:0.4pips

スプレッドが狭いほど、FXトレーダーの収益は大きくなります。だからFX業者は出来るだけスプレッドの狭いところを選びましょう。

その点でYJFX(外貨ex)はUSD/JPYのスプレッドが0.3銭と最安値クラスなので、取引回数の多いスキャルピングトレードと相性がいいです。

逆にスイングトレードやスワップ取引など、注文回数が少ないトレードスタイルであれば、スプレッドの広いFX業者でも利益を出せます。

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)のスワップポイント

YJFX(外貨ex)のスワップポイントは、平均よりも少し高めです。

主要通貨のスワップポイントを見てみましょう。

  • USD/JPY:買い71円、売り-81円
  • EUR/JPY:買い-15円、売り5円
  • GBP/JPY:買い26円、売り-36円
  • AUD/JPY:買い32円、売り-42円

ただ収益性が高いトルコリラやメキシコペソを扱っていないのは残念ですね。

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)の取引時間

YJFX(外貨ex)の取引時間は、月曜日の午前7時から土曜日の午前6時50分までです。その間は真夜中でもFX取引ができます。

それと土日はFXの市場がクローズしているため、FX取引はできません。

専業のFXトレーダーなら、休日はアフィリエイトやクラウドソーシングなどで種銭を稼ぐのがいいですね。収益源が複数あると、精神的に安定しますから。

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)の入金

FX取引を始めるには、銀行口座からFX口座にお金を入金する必要があります。

YJFX(外貨ex)の入金方法は以下の2つです。

  • クイック入金
  • 振込入金

ではそれぞれの入金方法を解説します。

 

クイック入金(手数料無料)

クイック入金は、YJFX(外貨ex)の取引画面からFX口座に入金する方法です。

入金手数料は無料で、入金したお金はリアルタイムで反映されるため、すぐにFX取引を始められます。

またパソコンやスマホから簡単に入金ができるため、コンビニや銀行まで行く必要がありません。

ただしクイック入金に対応している金融機関は9種類と少なく、地方銀行などでは利用できません。提携している銀行は以下の通りです。

  1. 三菱UFJ銀行
  2. 三井住友銀行
  3. みずほ銀行
  4. ゆうちょ銀行
  5. 楽天銀行
  6. ジャパンネット銀行
  7. 住信SBIネット銀行
  8. セブン銀行
  9. イオン銀行

クイック入金を利用するなら、上記の金融機関のいずれかの口座が必要です。

上記以外の銀行を使っているなら、この際にネットバンキング口座を作ることをおすすめします。

特に住信SBIネット銀行は出金手数料が無料になりやすくおすすめです。

目次に戻る

 

振込入金(手数料は利用者負担)

振込入金では、利用者ご自身がYJFX(外貨ex)の口座に入金します。

入金先の口座はYJFX(外貨ex)の取引ツールで確認でき、銀行やコンビニのATMに出向いて直接入金する形となります。

ただ、入金手数料は利用者負担ですし、お金が反映されるまで時間がかかるため、あまりおすすめできない方法です。

入金をスムーズに済ませたいなら、ネットバンキングの口座を開設し、クイック入金を利用しましょう。

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)の出金

FXで稼いだお金は、出金処理をして銀行口座に振り込まないと利用できません。

YJFX(外貨ex)の出金方法は以下の3つです。

  1. リアルタイム出金サービス(300万円以内の出金)
  2. 通常出金サービス(300万円を超える出金)
  3. 外貨出金サービス

ではそれぞれの出金方法を解説しましょう。

 

リアルタイム出金サービス

リアルタイム出金サービスでは、出金処理がすぐに反映されます。

出金する金額が300万円以下のときに利用でき、出金手数料は無料です。

目次に戻る

 

通常出金サービス

通常出金サービスは、出金する金額が300万円を超える時に利用します。

手数料は無料で、出金処理が反映されるのは銀行の翌々営業日です。

目次に戻る

 

外貨出金サービス

YJFX(外貨ex)は外貨の出金サービスにも対応しています。

出金できる金額に上限はありませんが、出金手数料は1回当たり1,500円発生します。

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)の口座開設・審査にはマイナンバーが必要

YJFX(外貨ex)でFX取引を始めるには口座開設が必要で、そのためにもまずは審査を通過しないといけません。

YJFX(外貨ex)の審査に必要な書類はこの2種類です。

  • 本人確認書類(運転免許証、住民基本台帳カード、パスポートなど)
  • マイナンバーが記載された書類(マイナンバーカード、マイナンバー通知カード、マイナンバーの書かれた住民票)

2016年からFX口座を作るのにマイナンバーが必須になりました。税務署がFXで稼いだお金をマークするためですね。

以前のように、運転免許証だけで気軽にFX口座を作れなくなったということです。

目次に戻る

 

YJFX(外貨ex)の解約・退会方法

YK FXの口座の解約は、公式サイトのこちらのページから行います。

口座を解約したあと1年間は再度口座を開設できないので、慎重に判断しましょう。

目次に戻る

 

YJFXはこんな人におすすめ!

YJFX(外貨ex)の強みは、FX取引でTポイントを貯められること、そしてスプレッドが狭いことです。

そのため、YJFX(外貨ex)はこんな人におすすめしたいです。

  • FX取引をしながらTポイントを貯めたい人
  • 最安値クラスのスプレッドにこだわる人

YJFX(外貨ex)は特にTポイントとのシナジーが強いです。

Yahoo!関連のサービスをメインで使っているなら、FX業者はぜひともYJFX(外貨ex)を選びましょう。

 

 

目次に戻る

タイトルとURLをコピーしました