スワップポイントの高いおすすめFX業者を通貨ごとに比較

FXで特定の通貨ペアを保有し続けると、スワップポイントが発生します。スワップ取引は、スワップポイントで利益を出す取引を指します。

スワップ取引で利益を出すには、スワップポイントが優秀なFX業者を選ぶことが重要です。

ただ日本にはFX業者がたくさんありますし、通貨ペアごとにスワップポイントを比較するのはめんどくさいでしょう。

そこでこの記事では、スワップポイントの優秀なFX業者を通貨ペアごとに紹介することにしました。

記事はかなりの長文になりますので、見出しから読みたい箇所をピックアップして読んでください。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

  1. スワップポイント=通貨ペアの金利差
  2. スワップ取引をする上で気をつけるべきこと
    1. ポイント1、買いのスワップポイント(収益)が高い業者を選ぶ
    2. ポイント2、2つの業者で両建てして、リスクを低くする
    3. ポイント3、売りのスワップポイント(コスト)が低い業者を選ぶ
  3. スワップ取引におすすめの通貨ペア
  4. USD/JPY(アメリカドル/円)のスワップポイント
    1. 買いのスワップポイントが高いFX業者ランキング
    2. 売りのスワップポイントが低いFX業者ランキング
  5. GBP/JPY(ポンド/円)のスワップポイント
    1. 買いのスワップポイントが高いFX業者ランキング
    2. 売りのスワップポイントが低いFX業者ランキング
  6. AUD/JPY(豪ドル/円)のスワップポイント
    1. 買いのスワップポイントが高いFX業者ランキング
    2. 売りのスワップポイントが低いFX業者ランキング
  7. ZAR/JPY(ランド/円)のスワップポイント
    1. 買いのスワップポイントが高いFX業者ランキング
    2. 売りのスワップポイントが低いFX業者ランキング
  8. TRY/JPY(トルコリラ/円)のスワップポイント
    1. 買いのスワップポイントが高いFX業者ランキング
    2. 売りのスワップポイントが低いFX業者ランキング
  9. MXN/JPY(メキシコペソ/円)のスワップポイント
    1. 買いのスワップポイントが高いFX業者ランキング
    2. 売りのスワップポイントが低いFX業者ランキング
  10. スワップ取引におすすめのFX業者

スワップポイント=通貨ペアの金利差

話を理解しやすくするため、スワップポイントについて軽く解説しておきます。

スワップポイントとは、2つの通貨ペアの金利の差のことです。金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨で決済することで、その差額分だけ金利を得られます。

例えばトルコリラ/円(TRY/JPY)の通貨ペアを買い注文した場合、金利の高いトルコリラを買い、金利の低い円で決済することになります。

日本円は金利が低いため、ほとんどの通貨ペアで買い注文すると、プラスのスワップポイントを得られます。

逆に売り注文をすると、スワップポイントがマイナスになり、金利を支払うことになります。

マイナスのスワップポイントが広いほど、トレーダーが支払うコストも高くなります。スワップ取引で利益を出す時は、スワップポイントが優秀かどうかが重要なのです。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

スワップ取引をする上で気をつけるべきこと

スワップ取引で利益を出すには、まずスワップポイントの優れたFX業者を選ぶことが大切です。

そのために気をつけるべきことは以下の3つ。

  1. 買いのスワップポイント(収益)が高い業者を選ぶ
  2. 2つの業者で両建てして、リスクを低くする
  3. 売りのスワップポイント(コスト)が低い業者を選ぶ すごく重要!

では、それぞれの注意点を軽く解説しておきましょう。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

ポイント1、買いのスワップポイント(収益)が高い業者を選ぶ

スワップ取引で利益を出したいなら、まずは買いのスワップポイントが高いFX業者を選びましょう。

スワップポイントの高さが、そのままスワップ取引の収益に結びつきます。

スワップ取引では通貨を長期間保有します。そのためスワップ取引メインなら、スプレッド・約定率などを気にする必要はありません。

一度通貨を保有したら、まとまった利益が得られるまで決済することもありません。毎日FXトレードをするわけでもないので、ツールの使い勝手も気にしなくていいです。

したがって、スワップ取引で利益を出すなら、スワップポイントの高いFX業者を選ぶことを優先しましょう。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

ポイント2、2つの業者で両建てして、リスクを低くする

スワップ取引で得られる収益は非常に少なく、1万通貨でも10円から100円程度です。

そのためスワップ取引でまとまった利益を出すには、保有する通貨量を増やすことが求められます。

例えばトルコリラの買いスワップポイントが100円だとすると、1万通貨保有することで1日100円得られます。10万通貨なら1日1,000円、100万通貨なら1日1万円です。

ただ高金利な通貨は値動きが激しいため、保有する通貨量を増やすのはリスクが高いです。そこで変動に耐えられるよう、両建てで通貨ペアを保有することが一般的となっています。

仮に買い注文で大きな損を抱えたとしても、売り注文では同じだけ収益を出していることになります。これならプラマイゼロですね。

繰り返しますが、スワップ取引で収益を出すには、通貨を大量に注文する必要があります。そのためスワップ取引は資金に余裕がある人向けのトレードスタイルです。(資金は最低100万円以上)

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

ポイント3、売りのスワップポイント(コスト)が低い業者を選ぶ

スワップ取引でリスクを抑えるためには、両建ての取引が必要です。そのためにも買い注文と同時に、売り注文もしなくてはいけません。

ただ高金利の通貨ペアを売り注文すると、マイナスのスワップポイントが発生します。

よってスワップ取引で両建て取引をする場合、売りのスワップポイントが低いFX業者を選ぶべきなのです。コストを抑えられるからですね。

取引コストの高いFX業者だと、売りのスワップポイント(コスト)が高く設定されていることが多いです。その理由は、もちろんFX業者の利益が大きくなるからです。

もう一度いいますが、スワップ取引で両建て取引をする場合、売りのスワップポイントが低いFX業者を選びましょう。取引コストを安く抑えられます。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

スワップ取引におすすめの通貨ペア

スワップ取引でよく使われる通貨ペアは以下の4種類です。

  • USD/JPY(アメリカドル/円):安定
  • ZAR/JPY(南アフリカランド/円):収益性が高い
  • TRY/JPY(トルコリラ/円):収益性が高い
  • MXN/JPY(メキシコペソ/円):収益性が高い

スワップ取引が初めての人には、アメリカドル/円(USD/JPY)がおすすめです。どちらも流通量が多いため、急激な変動がしにくく、ロスカットのリスクが低いからです。

それに対し、南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソは高金利な通貨であるため、スワップ取引で利益の出しやすいことで有名です。その代わり変動でロスカットされるリスクも高め。

またこの記事では、上の4つの通貨ペア以外にポンド/円(GBP/JPY)と豪ドル/円(AUD/JPY)のスワップポイントも紹介します。

まずはアメリカドル/円のスワップポイントから見ていきましょう。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

USD/JPY(アメリカドル/円)のスワップポイント

アメリカドル/円は通貨供給量と取引回数がもっとも多い通貨ペアです。

通貨としての信頼性が高く、他の通貨ペアと比べて変動しにくいです。

初心者がスワップ取引で安定した利益を出すなら、まずはアメリカドル/円から挑戦しましょう。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

買いのスワップポイントが高いFX業者ランキング

アメリカドル/円の買いのスワップポイントが高いFX業者は以下の通り。

  1. GMOクリック証券(くりっく365):92円
  2. SBI FXトレード:81円
  3. OANDA Japan:76円

この中ならGMOクリック証券のくりっく365が一番高いです。

くりっく365はスプレッドやスワップポイントが厳格に定められており、ごまかしがききません。くりっく365はスワップポイントが優秀な傾向があります。

1位のGMOクリック証券は、スプレッドが狭く、約定率も高いため、DMM FXと合わせて初心者におすすめしやすいです。

2位のSBI FXトレードは、スプレッドが非常に狭いことで有名です。取引回数の多いスキャルピングもするなら有力候補です。

3位のOANDA Japanは、海外の有名なFX取引ツール「MT4」が使えます。海外FXの練習やMT4の自動売買をやってみたい人におすすめです。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

売りのスワップポイントが低いFX業者ランキング

アメリカドル/円の売りのスワップポイントが低いFX業者は以下の通り。

  1. ヒロセ通商(LION FX):-12円
  2. セントラル短資FX:-61円
  3. DMM FX外為ジャパン:-64円

この中だとダントツで売りのスワップポイントが低いのは、ヒロセ通商ですね。

ただヒロセ通商は変動時に取引コストが広くなる傾向が強く、マイナスのスワップポイントが広がる可能性もあります。

取引コストを安定させたいなら、DMM FXや外為ジャパンがおすすめです。外為ジャパンはDMM証券が運営しているため、安全性も高いです。

また2位のセントラル短資FXは、自動売買ツールを利用できます。チャートを見る時間を節約したい人におすすめです。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

GBP/JPY(ポンド/円)のスワップポイント

ポンド/円はアメリカドル円よりも値動きが激しめです。ちなみにポンドの流通量はアメリカドル、ユーロ、日本についで4番目。

スワップ取引も可能ですが、ボラティリティが高く、アメリカドル円ほどの安定性はありません。

では、ポンド円のスワップ取引に適したFX業者を紹介しますね。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

買いのスワップポイントが高いFX業者ランキング

ポンド/円の買いのスワップポイントが高いFX業者は以下の通り。

  1. GMOクリック証券(くりっく365):41円
  2. YJFX!:40円
  3. OANDA Japan:39円

この中だとGMOクリック証券のクリック365が1番高いですね。やはりくりっく365とスワップ取引は相性がいいようです。

2位のYJFX!は、FX取引でTポイントが貯められることが大きな特徴です。貯めたTポイントは、ヤフオクやヤフーショッピングの支払いに使えます。

3位のOANDA Japanは、海外の有名な取引ツール「MT4」を利用できます。また通貨ペアの種類が71種類と多く、オーダーブックを閲覧できるのも大きな特徴です。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

売りのスワップポイントが低いFX業者ランキング

ポンド/円の売りのスワップポイントが低いFX業者は以下の通り。

  1. 外為ジャパン:-20円
  2. DMM FX:-28円
  3. マネーパートナーズ :-28円

ポンド円の売りのスワップポイントは、外為ジャパンが1番低いです。

外為ジャパンをDMM証券が運営しており、ツールが使いやすく、サポートが充実していることが大きな特徴です。

2位のDMM FXもサポートが充実していますが、最小取引単位は1万通貨です。1,000通貨取引をしたいなら、外為ジャパンを選びましょう。

3位のマネーパートナーズは約定率が100%であることが特徴です。その他にも自動売買ツールや空港での外貨受け取りサービスを利用できます。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

AUD/JPY(豪ドル/円)のスワップポイント

豪ドルは先進国の中でも金利が高いため、日本円と組み合わせることでスワップポイントの収益が見込めます。

通貨供給量も比較的多く、マイナー通貨でスワップ取引をするよりは安定します。

では豪ドル円のスワップ取引におすすめのFX業者を見ていきましょう。

 

買いのスワップポイントが高いFX業者ランキング

豪ドル円の買いのスワップポイントが高いFX業者は以下の通り。

  1. ヒロセ通商(LION FX):50円
  2. GMOクリック証券(くりっく365):47円
  3. インヴァスト証券(くりっく365):47円
  4. ライブスター証券:37円
  5. SBI FXトレード:36円

買いのスワップポイントが1番高いのはヒロセ通商です。スプレッドが狭く、キャンペーンで食料品などももらえますが、トレードの安定性は大手より劣ります。

2番目・3番目にはくりっく365がそれぞれランクインしています。やはりクリック365はスワップ取引と相性が良いようです。

4位のライブスター証券は自動売買ができるほか、レバレッジを5倍・10倍に調整できます。

5位のSBI FXトレードは、スプレッドが非常に狭いことで有名です。取引回数が多いトレードをするなら、SBI FXトレードはおすすめです。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

売りのスワップポイントが低いFX業者ランキング

豪ドル円の売りのスワップポイントが低いFX業者は以下の通り。

  1. 外為ジャパン:-30円
  2. DMM FX:-32円
  3. GMOクリック証券:-32円

売りのスワップポイントが1番低いのは外為ジャパンです。外為ジャパンはDMM証券が運営しているため、トレードも安定していて、サポートも充実しています。

ただし外為ジャパンにはデモトレードがありません。デモトレードをしたいなら、DMM FXを選びましょう。

またFX以外の金融商品をやってみたいなら、GMOクリック証券もおすすめです。株式投資や投資信託などを購入することで、資金のリスクヘッジができます。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

ZAR/JPY(ランド/円)のスワップポイント

南アフリカランド円は、高金利でスワップ取引で利益を出しやすいことで有名です。

ただし主要通貨と比べると流動性が低いため、ちょっとした経済指標でチャートが大きく動する恐れがあります。

そのためスワップ取引で利益を出すときは、両建てが推奨されます。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

買いのスワップポイントが高いFX業者ランキング

南アフリカランド/円の買いのスワップポイントが高いFX業者は以下の通り。(10万通貨の場合)

  1. FXプライム:150円
  2. ヒロセ通商(LION FX):150円
  3. GMOクリック証券(くりっく365):145円
  4. LIGHT FX:140円

一見すると主要通貨よりもスワップポイントが高く見えますが、それは10万通貨取引だからです。このサイトでも他と比較しやすいよう、10万通貨のスワップポイントを表示しています。

FXプライムとヒロセ通商は同列ですね。約定率100%を求めるならFXプライム、スプレッドの狭さやキャンペーンでの食料品を求めるならヒロセ通商を選びましょう。

また4番目のLIGHT FXは、スプレッドが狭く、スワップポイントが優秀なことで知られています。自動売買やオンラインセミナーなどはありませんが、シンプルな機能を求める人にはおすすめです。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

売りのスワップポイントが低いFX業者ランキング

南アフリカランド/円の売りのスワップポイントが低いFX業者は以下の通り。(10万通貨の場合)

  1. GMOクリック証券:-100円
  2. 外為ジャパン:-110円
  3. サクソバンク証券:-120円
  4. DMM FX:-130円

この中でスワップポイントが1番低いのはGMOクリック証券ですね。スプレッドと約定率も優秀なので、普通に取引をするのにもおすすめのFX業者です。

3番目のサクソバンク証券は、通貨ペアの種類が多いことで有名です。マイナーな通貨ペアを触ってみたいならどうぞ。

2位・4位に関しては、1,000通貨取引をするなら外為ジャパン、デモトレードを利用するならDMM FXを利用しましょう。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

TRY/JPY(トルコリラ/円)のスワップポイント

トルコリラは政策金利が高いため、スワップ取引での利益率が高めです。

ただしトルコリラは供給量の少ない通貨なので、大量に保有するとロスカットのリスクが高まります。トルコリラでスワップ取引をするなら、両建て取引がおすすめです。

では、スワップポイントの優秀なFX業者を見ていきましょう。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

買いのスワップポイントが高いFX業者ランキング

トルコリラ/円の買いのスワップポイントが高いFX業者は以下の通り。

  1. みんなのFX:122円
  2. LIGHT FX:122円
  3. マネーパートナーズnano:122円

1位から3位まで全て同じですが、この中ならみんなのFXが1番おすすめです。

みんなのFXでは、自動売買やバイナリーオプションができます。そして最小取引単位も1,000通貨なので、資金の少ない初心者でも気軽にFXを始められるからです。

自動売買に興味がないなら、LIGHT FXもおすすめです。こちらもスプレッドが狭く、スワップポイントが優秀です。

約定率の高さを求めるなら、マネーパートナーズもありです。特にマネーパートナーズnanoなら100通貨から取引ができます。400円からFXを始められる業者は珍しいですね。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

売りのスワップポイントが低いFX業者ランキング

トルコリラ/円の売りのスワップポイントが低いFX業者は以下の通り。

  1. GMOクリック証券:-82円
  2. マネースクエア:-90円
  3. FXプライム:-100円

この中でスワップポイントが1番低いのは、GMOクリック証券です。スプレッドもスワップポイントも優秀で、FX業者としての評価も高いです。

2位のマネースクエアでは、自動売買のトラリピを利用でき、レンジ相場で利益を出しやすくなります。ただしスプレッドはかなり広いのでご注意を。

3位のFXプライムは約定率が高いことで有名です。さらに自動売買ツールやバイナリーオプションも利用できます。ただしスプレッドは若干広め。(USD/JPY0.6銭)

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

MXN/JPY(メキシコペソ/円)のスワップポイント

メキシコペソも高金利の通貨で、スワップ取引と相性が良いです。

ただし通貨供給量が少ないため、値動きが激しいです。

そのためスワップ取引で安定した利益を出すなら、両建て取引が推奨されます。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

買いのスワップポイントが高いFX業者ランキング

メキシコペソ/円の買いのスワップポイントが高いFX業者は以下の通り。

  1. ヒロセ通商(LION FX):18円
  2. セントラル短資FX:17円
  3. みんなのFX:16円

この中でスワップポイントが1番高いのは、ヒロセ通商です。ヒロセ通商はスプレッドが狭く、キャンペーンで食料品がもらえるのが特徴です。

2位のセントラル短資FXは、自動売買と外貨両替ができることが特徴です。それとレジャー施設を格安で利用できる「クラブオフ」を実施しています。

3位のみんなのFXは、自動売買とバイナリーオプションが利用できます。スプレッドやスワップポイントも優秀で、通常のFXトレードをする人にもおすすめです。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

売りのスワップポイントが低いFX業者ランキング

メキシコペソ/円の売りのスワップポイントが低いFX業者は以下の通り。

  1. GMOクリック証券(くりっく365):-12円
  2. マネーパートナーズ:-13円
  3. 外為オンライン:-14円
  4. みんなのFX:-16円

この中でスワップポイントが1番低いのは、GMOクリック証券のくりっく365ですね。くりっく365は、総じてスワップポイントが優秀ですね。

2位のマネーパートナーズは約定率が100%で、空港での外貨両替サービスにも対応しています。

3位の外為オンラインは、くりっく365や自動売買ツールの「iサイクル注文」を利用できます。ただしスプレッドは若干広め。(USD/JPY1.0銭)

4位のみんなのFXはスプレッド・スワップポイントがどちらも優秀で、自動売買やバイナリーオプションも利用できます。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

スワップ取引におすすめのFX業者

ここまで通貨ペアごとにスワップポイントの優秀なFX業者を比較してきました。

ただ紹介しているFX業者がたくさんありすぎて、どれが良いのか分からないという方もいるでしょう。

そんな方には以下の4つのFX業者がおすすめです。どれもスプレッドとスワップポイントが優秀なことで定評があります。

FXの知識に自信がないから、DMM FXが1番おすすめです。利用者が非常に多いため、わからないことがあっても、ネットで調べればすぐに答えが見つかります。

FX以外にも株式投資や投資信託をやってみたいなら、GMOクリック証券がおすすめです。FX以外の金融商品を購入することで、資金をリスクヘッジできますから。

おすすめFX業者へ / 目次へ

タイトルとURLをコピーしました