FX初心者はGMOクリック証券がおすすめ!
FX中級者以上はOANDA Japanがおすすめ!

取引ツールは「MT4・TradingView」
MT4でEA自動売買ができる
OANDAオーダーブックで情報戦が有利に
通貨ペアは71種類
API対応で、自動売買プログラムが作りやすい

公式サイトを見る

マネーパートナーズの評判・メリット・デメリットまとめ! 約定率100%で、自動売買にも対応!

マネーパートナーズは約定率が100%で、スリッページが起きないことで有名なFX業者です。

またスプレッドもドル円0.3銭と業界最安値で、スキャルピングトレードと相性がいいです。

ただこれだけではマネーパートナーズの魅力が伝わり切らないかと思います。

そこでこの記事では、マネーパートナーズのメリット、デメリット、口コミ、評判などをわかりやすく解説していきます。

記事はかなりの長文になりますので、目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

 

  1. マネーパートナーズの基本情報
  2. マネーパートナーズのメリット
    1. メリット1、スプレッドが業界最安値(USD/JPYが0.3銭)
    2. メリット2、約定力が非常に高く、スリッページしない
      1. 約定力・スリッページ・約定拒否とは?
    3. メリット3、CFD・証券取引も利用可能
    4. メリット4、情報コンテンツが充実している(FXコラム・オンラインセミナー)
    5. メリット5、マネパFX nanoでは100通貨から取引可能(マネパFXは1万通貨から)
    6. メリット6、空港外貨受取サービスを利用できる
    7. メリット7、自動売買(システムトレード)を利用できる(nanoは非対応)
  3. マネーパートナーズのデメリット
    1. デメリット1、マイナー通貨だとスプレッドが広がりやすい
    2. デメリット2、FX取引ツール「HyperSpeed NEXT」は動作が重い
  4. マネーパートナーズの評判・口コミ
    1. 良い口コミ
    2. 悪い口コミ
  5. マネーパートナーズの取引ツール
    1. クイック発注ボード(PC・スマホ・タブレットブラウザ)
    2. HyperSpeed Touch(スマホ・タブレットアプリ)
    3. HyperSpeed NEXT(PCアプリ)
    4. HyperSpeed(PCアプリ)
    5. WEB取引サイト(PC・スマホブラウザ)
    6. モバイル取引サイト
  6. マネーパートナーズのレバレッジは25倍。受入証拠金で変化する
  7. マネーパートナーズのロスカット条件は、証拠金維持率40%未満
    1. 証拠金維持率100%未満だと、追加証拠金が必要になる(追証)
    2. ロスカットのアラーム通知
  8. マネーパートナーズの通貨ペアは全20種類
  9. マネーパートナーズのスプレッド
  10. マネーパートナーズのスワップポイント目安
  11. マネーパートナーズの取引時間
  12. マネーパートナーズの入金
    1. クイック入金
    2. 振込入金
  13. マネーパートナーズの出金
    1. 出金の方法
    2. 出金手数料
    3. 出金が反映されるまでの時間
  14. マネーパートナーズの口座開設・審査
    1. 必要な本人確認書類
  15. マネーパートナーズの解約・退会方法
    1. コールセンターの連絡先
  16. マネーパートナーズはこんな人におすすめ!

マネーパートナーズの基本情報

マネーパートナーズの基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.3銭、EUR/JPY0.4銭、GBP/JPY0.9銭、AUD/JPY0.6銭
  • 最小取引単位:100通貨(マネパFXは10,000通貨)
  • 通貨ペア:20種類
  • スワップポイント:米ドルは悪いが、他は良い(買い27円、売り-119円)
  • デモトレード:なし
  • 自動売買:あり(HyperSpeed NEXT)
  • クイック入金対応:8行
  • ロスカットライン:40%(100%未満でアラート)
  • MT4:利用できない

目次に戻る

マネーパートナーズのメリット

マネーパートナーズのメリットは以下の通りです。

  • スプレッドが業界最安値(USD/JPYが0.3銭)
  • 約定力100%で、スリッページしない
  • 取引ツールが充実している
  • 情報コンテンツが充実している
  • マネパFX nanoでは100通貨から取引可能(マネパFXは1万通貨から)
  • 空港外貨受取サービスを利用できる
  • 自動売買(システムトレード)を利用できる

では、それぞれのメリット順に見ていきましょう。

 

メリット1、スプレッドが業界最安値(USD/JPYが0.3銭)

マネーパートナーズのスプレッドは、他と比べても狭いです。特に米ドル円のスプレッドは0.3銭と業界最安値クラスです。

スプレッドはFX業者の利益となるので、狭ければ狭いほどトレーダーの利益が大きくなります。

特に取引回数の多いスキャルピングトレードで利益を出すなら、なるべくスプレッドの狭いFX業者を選びましょう。

その点でマネーパートナーズのスプレッドは業界最安値なので、スキャルピングトレードと相性が良いのです。

目次に戻る

 

メリット2、約定力が非常に高く、スリッページしない

マネーパートナーズの最大の特徴は、約定率が100%であることです。約定率100%ということは、スリッページが発生しないことを意味します。

スリッページが発生しなければ、狙った指値で確実に注文ができるようになり、指値がずれたり、約定拒否になったりするのを避けられます。

約定率の高さは、細かい指値注文の多いスキャルピングトレードなどで役に立ちます。

したがってスプレッドが狭いことに加えて、約定率も高いことから、マネーパートナーズはスキャルピングトレードと相性が良いのです。

目次に戻る

 

約定力・スリッページ・約定拒否とは?

FX初心者には聞き慣れない単語がいくつかでてきたので、少し解説しておきます。

  • 約定力:トレーダーの意図するタイミング・価格で取引できる力のこと
  • スリッページ:注文した価格と異なる価格で取引が成立すること
  • 約定拒否:注文したのに、取引が成立しないこと

優れたFX業者は約定率が高いため、スリッページが起こりにくく、FX取引がスムーズにできます。

目次に戻る

 

メリット3、CFD・証券取引も利用可能

マネーパートナーズではFXだけでなく、CFDや証券取引なども利用できます。

そのためFXの相場が乱れて稼ぎにくいときは、代わりにCFDや証券取引で稼ぐことも可能です。

ちなみにCFDは差金決済取引(contract for difference)のことで、FXもCFDの一種です。ただCFDは株式、株価指数、債権なども含めます。

さらにマネーパートナーズでは、株として預けたお金の70%をFXの証拠金として使えます。だから株式に投資をしていても、追加の現金を用意することなくFX取引ができるのです。

FXのついでに株式投資もやりたいなら、マネーパートナーズは有力候補です。

目次に戻る

 

メリット4、情報コンテンツが充実している(FXコラム・オンラインセミナー)

またマネーパートナーズはFX関連の情報コンテンツも充実しています。

例えば、公式サイトの経済指標カレンダーやFOMC政策動向、各国政策金利を見ることで、相場の流れを予測しやすくなります。

仮に予測が難しかったとしても、大きなイベントの前にポジションを決済しておけば、相場の変動でロスカットされずにすみます。

それが以外にもマネーパートナーズでは無料のオンラインセミナーを実施しています。FXの初歩的な知識を固めたいのであれば、ぜひとも視聴してみましょう。

目次に戻る

 

メリット5、マネパFX nanoでは100通貨から取引可能(マネパFXは1万通貨から)

マネーパートナーズの「マネパFX nano」を利用することで、100通貨単位からでもFX取引を始められます。

他のFX業者だと、最小取引単位は1万通貨のところが多いです。FXで1万通貨買うとなると4万円ほどの現金が必要ですが、100通貨であれば400円ほどで事足ります。

FXの資金が非常に少なく、それでもFXに挑戦したいのであれば、まずは「マネパFX nano」の100通貨取引から始めてみてはどうでしょうか?

目次に戻る

 

メリット6、空港外貨受取サービスを利用できる

マネーパートナーズでは空港で日本円を外貨と交換でき、銀行や外貨ショップよりも手数料を安く抑えられます。

そして外貨を両替するタイミングは任意で決められます。そのため有利なレートの時に交換して、旅行する時に空港で受け取ることもできるのです。

ただし、両替した外貨を受け取れるのは以下の4空港だけです。

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港

それと外貨受け取りサービスに対応している通貨は以下の6種類のみです。

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • スイスフラン
  • 韓国ウォン
  • 中国元

それ以外の空港・通貨には対応していませんので、旅行前にはきちんとチェックしておきましょう。

目次に戻る

 

メリット7、自動売買(システムトレード)を利用できる(nanoは非対応)

マネーパートナーズのFX取引ツール「HyperSpeed NEXT」では、FXの自動売買を利用できます。

事前に売買ルール設定しておけば、あなたが寝ている間も、仕事をしている間も、ツールが自動でFXの売買をしてくれます。

特に兼業のトレーダーで、平日は仕事で忙しい人におすすめのツールです。

このツールの最大のメリットは、取引に余計な手数料が発生しないことです。他のFX業者だと、自動売買では取引のたびに手数料が発生することがよくあります。

FX自動売買のコストをゼロに抑えたいなら、ぜひともこのツールを使ってみましょう。

目次に戻る

 

マネーパートナーズのデメリット

マネーパートナーズのデメリットは以下の通りです。

  • マイナー通貨だとスプレッドが広がりやすい
  • FX取引ツール「HyperSpeed NEXT」は動作が重い

では、それぞれのデメリットを順に見ていきましょう。

 

デメリット1、マイナー通貨だとスプレッドが広がりやすい

マネーパートナーズは確かに約定率100%ですが、相場の変動が激しいときにはスプレッドが広がりやすくなります。

特にトルコリラなどのマイナーな通貨だとその傾向が強いです。

マネーパートナーズの公式サイトでは、経済指標カレンダーやFOMC政策動向、各国政策金利などを確認できます。これらのイベントの前は、新規取引を控えたほうがいいです。

目次に戻る

 

デメリット2、FX取引ツール「HyperSpeed NEXT」は動作が重い

マネーパートナーズのFX取引ツール「HyperSpeed NEXT」は高機能ですが、パソコンのスペックが低いと動作が遅くなってしまいます。

お持ちのパソコンのスペックが高くないなら、もう一つのパソコン向け取引ツール「クイック発注ボード」をしましょう。

こちらはブラウザアプリなので、パソコンにソフトをインストールする必要もありません。

目次に戻る

 

マネーパートナーズの評判・口コミ

ここまでマネーパートナーズのメリットとデメリットを解説してきました。

ただこのサイトも広告を貼っている以上、どうしても商品をほめる方向に偏りがちです。

そこでここからは第三者の意見を取り入れるべく、口コミを部分的に載せることにしました。情報ソースは価格.comです。

 

良い口コミ

マネーパートナーズの良い口コミは以下の通りです。スペースの都合上、口コミはかなり簡略化しています。

  • 初心者向けのYoutube動画がある
  • 約定力が高く、注文が滑りにくい
  • スプレッドの狭さは業界トップクラス
  • トレードニュースが便利
  • 余分なお金を別口座に分けられ、ロスカットから避難できる
  • リピート注文の手数料がかからない

マネーパートナーズの評判の良いところは、約定率が100%と高いこと、そして情報コンテンツが豊富であることです。

スプレッドも米ドル円で0.3銭と最安値クラスなので、スキャルピングトレードとの相性もいいです。

目次に戻る

 

悪い口コミ

マネーパートナーズの悪い口コミは以下の通りです。こちらも簡略化しています。

  • マイナー通貨はスプレッドが広がる
  • 高機能ツールはパソコンによっては重く感じる

マネーパートナーズの評判の悪いところは、FX取引ツールの動作が重いことです。

ただこれは高機能のツールを使った場合であって、ブラウザアプリなら軽快に動作するはずです。

目次に戻る

 

マネーパートナーズの取引ツール

FXで収益を上げたいなら、取引ツールの性能を理解し、その力を存分に発揮することも重要です。ツールを使いこなせないと、ミスを誘発しやすくなりますからね。

マネーパートナーズの主な取引ツールは以下の通りです。

  • クイック発注ボード(PC・スマホ・タブレットブラウザ)
  • HyperSpeed Touch(スマホ・タブレットアプリ)
  • HyperSpeed NEXT(PCアプリ)
  • HyperSpeed(PCアプリ)
  • WEB取引サイト(PC・スマホブラウザ)
  • モバイル取引サイト

では、それぞれの取引ツールを解説していきましょう。

 

クイック発注ボード(PC・スマホ・タブレットブラウザ)

クイック発注ボードは、ブラウザアプリのFX取引ツールです。

ブラウザでチャートを閲覧でき、パソコン、iPhone、Androidスマホのそれぞれに対応しています。

チャートと注文画面を同時に表示できるため、注文タイミングのシビアなスキャルピングトレードとの相性が良いです。

ツールとしての機能はシンプルですが、ボタンが大きく、直感的な操作ができるのも強みです。

始めのうちはできることが多すぎても混乱するだけなので、FX初心者はまずこのシンプルなツールを使うことから始めてみましょう。

目次に戻る

 

HyperSpeed Touch(スマホ・タブレットアプリ)

HyperSpeed Touchは、マネーパートナーズのFX取引アプリです。

iPhoneやAndroidスマホはもちろんのこと、iPadやAndroidタブレットにも対応しています。

このアプリもチャートと注文画面を同時表示できるため、スキャルピングトレードで力を発揮します。

そしてこの取引ツールには連続予約注文に対応しています。連続予約注文を利用することで、チャートが一定の値幅に動いたら自動で売買をしてくれます。

FXの世界では、自分で決めたルールに従って厳密に損切り・利確できる人が強いです。

うまく損切り・利確ができない人は、事前に売買ルールを設定しておくと、取引に迷いがなくなります。

連続予約注文は手数料無料です。少しもFXの勝率をあげたいなら、利用してみましょう。

目次に戻る

 

HyperSpeed NEXT(PCアプリ)

HyperSpeed NEXTは、パソコンアプリのFX取引ツールです。

対応しているOSはWindowsだけで、MacOSには対応していません。ただWindowsでもパソコンのスペックが低いと、動作が重くなることがあります。

利用できるデバイスは限定されますが、このツールの最大の強みは機能の多さです。

26種類のテクニカル指標が使えるほか、ストラテジー機能や自動売買機能なども利用できます。しかも自動売買のコストはゼロです。

できることが多すぎて、FX初心者だととっつきにくいかもしれません。

そのためこのツールは、チャートの分析をしっかり行い、ストラテジーを綿密に組み上げられるFX上級者向けです。

目次に戻る

 

HyperSpeed(PCアプリ)

HyperSpeedもパソコン向けのFXトレードツールです。

ただこのツールは2018年10月18日までに口座を開設された方のみ利用できます。

今からマネーパートナーズの口座作っても、このツールは利用できません。

目次に戻る

 

WEB取引サイト(PC・スマホブラウザ)

WEB取引サイトは、ブラウザアプリに対応したFXの取引ツールです。

ただチャートやテクニカル指標を表示できず、取引ツールとしての性能は低いです。

クイック発注ボードがあれば、このツールを使う必要はありません。

目次に戻る

 

モバイル取引サイト

モバイル取引サイトは、ガラケーに対応したFX取引ツールです。

チャートが表示でき、マーケットニュースなども確認できますが、それでもツールとしての性能は低いです。

どうしてもガラケーでFXをしたい人のみ利用しましょう。

目次に戻る

 

マネーパートナーズのレバレッジは25倍。受入証拠金で変化する

マネーパートナーズのレバレッジは25倍で固定されており、それ以外の倍率には変更できません。

ただFX口座に入れるお金を増やし、保有するポジション減らすことで、実効レバレッジを下げることはできます。

レバレッジを変更できるFX業者は以下の3社です。

ただし、レバレッジを低くすると、必要な証拠金も多くなります。

例えば、アメリカドル円(USD/JPY)1万通貨を取引すると、レバレッジ25倍なら証拠金は4万円程度ですが、レバレッジ5倍なら20万円必要になります。

そのため低レバFXは資金に余裕のある人向けのトレードなのです。

目次に戻る

 

マネーパートナーズのロスカット条件は、証拠金維持率40%未満

マネーパートナーズでは、証拠金維持率が40%未満になるとロスカットされます。

ロスカットとは、利用者の資金を守るために、FX業者が強制的に利用者のポジションを決済することです。ポジションが不利で含み損を抱えているときに決済させられるため、トレーダーは大きな損失を抱えることになります。

FXトレーダーとして収益を安定させたいなら、こまめに損切りして、ロスカットを避けるようにしましょう。

目安としては証拠金維持率200%以上をキープしたいところです。

目次に戻る

 

証拠金維持率100%未満だと、追加証拠金が必要になる(追証)

またマネーパートナーズでは、証拠金維持率が100%未満になると、追加の証拠金が必要になります。いわゆる追証ですね。

ポジションをそのまま維持したいなら、証拠金維持率が100%以上になるよう、FX口座に追加の資金を投入しましょう。

定められた期限(当日18時)までに追加の資金を投入しないと、ポジションを強制的に決済させられます。これはいわば猶予期間のあるロスカットと言えますね。

目次に戻る

 

ロスカットのアラーム通知

マネーパートナーズでは、証拠金維持率が100%未満もしくは70%未満になると、メールでアラーム通知をしてくれます。もしくはFXの取引画面でも同じようなアラーム通知が表示されます。

FXにおいてロスカットは怖いことですが、その兆候が見えはじめたころには、FX業者側もきちんと通知してくれます。

よほどハイリスクな取引をしていない限り、落ち着いて対処すれば、ロスカットは避けられるはずです。

目次に戻る

 

マネーパートナーズの通貨ペアは全20種類

マネーパートナーズで利用できる通貨ペアは全部で20種類です。これは他のFX業者と比べても平均的です。

またトルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドなど変動の激しいマイナーな通貨も利用できます。

ハイリスク・ハイリターンな取引をしてみたいなら、こうした通貨を使ってみてはいかがでしょうか?

通貨ペアの多いFX業者はこちら

目次に戻る

 

マネーパートナーズのスプレッド

マネーパートナーズのスプレッドは、他のFX業者の中でも最安値クラスです。

まずは主要な通貨のスプレッドを見てみましょう。

  • USD/JPY:0.3銭
  • EUR/JPY:0.4銭
  • GBP/JPY:0.9銭
  • AUD/JPY:0.6銭
  • EUR/USD:0.3pips

マネーパートナーズはスプレッドが狭く、約定率も100%と高いです。

そのため取引回数の多いスキャルピングトレードと相性がいいですよ。

目次に戻る

 

マネーパートナーズのスワップポイント目安

マネーパートナーズのスワップポイントは平均よりも少し低めです。そのためスワップ取引にはあまり適していません。

  • USD/JPY:買い71円、売り-81円
  • EUR/JPY:買い-1円、売り1円
  • GBP/JPY:買い33円、売り-36円
  • AUD/JPY:買い50円、売り-53円

スワップポイントで利益を出したいのなら、売りと買いのスワップポイントの差額が低いFX業者を選びましょう。

スワップポイントの差額は、FX業者の手数料なので、差額が小さいほどトレーダーの利益が大きくなるからです。

おすすめはDMM FXとGMOクリック証券です。どちらもスワップポイントの差額がゼロに近く、大手のFX業者なので信頼性も高いからです。

目次に戻る

 

マネーパートナーズの取引時間

マネーパートナーズの取引時間は、月曜日の午前7時から土曜日の6時50分までです。(夏時間は5時50分まで)

その間は24時間いつでもFXの取引が可能ですが、メンテナンスの時間は取引できません。取引期間中のメンテナンス時期は、平日の7時ごろ10分間です。

目次に戻る

 

マネーパートナーズの入金

FX取引を始めるには、まず銀行口座からFX口座に入金する必要があります。マネーパートナーズの入金方法は以下の2つです。

  • クイック入金
  • 振込入金

では、それぞれの入金方法を軽く解説しますね。

 

クイック入金

クイック入金は、インターネットを通じてすぐに入金手続きができる便利なサービスです。手数料が無料で、コンビニや銀行のATMに行く手間もはぶけます。

マネーパートナーズの場合、公式の会員サイトから入金手続きを行います。

クイック入金に対応している金融機関は以下の8行です。

  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行

それ以外の銀行から入金する場合、振込入金を利用することになります。クイック入金に対応している金融機関が少ないのは少し不便ですね。

もし対応している銀行口座を持っていないなら、これを機にネットバンキング口座を作ることをおすすめします。

目次に戻る

 

振込入金

振込入金では、銀行やコンビニのATMから直接入金する形になります。

入金手数料は利用者が負担することになり、銀行やコンビニに行く手間もあるため、あまりおすすめできません。

目次に戻る

 

マネーパートナーズの出金

FXで稼いだお金を利用するには、FX口座から出金する必要があります。

ここからはマネーパートナーズの出金について解説します。

 

出金の方法

マネーパートナーズの会員サイトにログインし、「資産管理(入出金)」→「出金依頼/出金取消」を選択します。

その後は出金元、出金通貨、出金額を指定し、確認ボタンを押せば出勤手続きは完了です。

目次に戻る

 

出金手数料

日本円の出金手数料については、1ヶ月あたり1回目から5回目までは無料、6回目以降は432円発生します。

外貨の出金手数料については、毎回2,500円発生しますが、1回で2万通貨以上出金した場合は無料になります。

目次に戻る

 

出金が反映されるまでの時間

日本円を出金した場合は、翌営業日から2営業日までかかります。

外貨を出金した場合は、3営業日から4営業日ほどかかります。

目次に戻る

 

マネーパートナーズの口座開設・審査

マネーパートナーズFX取引を始めるには、まず口座開設をする必要があります。

ただそのためにはまず審査に通過しないといけません。

FX口座は不正利用されやすいため、身元のはっきりしない人には口座を作ることができないのです。

 

必要な本人確認書類

マネーパートナーズの審査に通過するには、以下の3つの組み合わせのいずれかで本人確認書類を提出します。

  • 個人番号カード
  • 通知カード+本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • マイナンバー付きの住民票の写し+本人確認書類

個人的なお勧めをマイナンバーカードです。マイナンバーカードなら1枚だけで本人確認書類の条件を満たするからです。

それと現在ではFX口座開設するには、マイナンバーの提出が義務付けられています。

もしまたマイナンバーカードを持っていないのであれば、この機会に発行してみてはいかがでしょうか?

目次に戻る

 

マネーパートナーズの解約・退会方法

マネーパートナーズの口座解約は、電話かメールで行います。

FX口座の資金をすべて出金したうえで、コールセンターに連絡しましょう。

コールセンターの連絡先

解約時の連絡先は以下の通りです。

  • フリーダイヤル:0120-860-894(月曜日7:00から23:00まで、火曜日~金曜日7:30から23:00まで)
  • Eメール:info@moneypartners.co.jp

目次に戻る

 

マネーパートナーズはこんな人におすすめ!

マネーパートナーズの強みは、スプレッドが狭く、約定率が100パーセントと非常に高い事です。

さらに情報コンテンツも充実しており、自動売買ツールも低コストで利用できます。

そのためこんな人にマネーパートナーズをおすすめしたいです。

  • スキャルピングトレードをしている人
  • 自動売買ツールを使ってみたい人
  • 株式投資をする人
  • 旅行のために空港で外貨を受け取りたい人

スキャルピングトレードが得意で、システムトレードなどをやってみたいなら、ぜひとも利用してみましょう!

 

 

目次に戻る

タイトルとURLをコピーしました