【スプレッド・スワップポイントが優秀!】LIGHT FX(ライトFX)のメリット・デメリット・評判・口コミまとめ

スポンサーリンク

LIGHT FXは、スプレッドが狭いことで有名なFX業者です。

またスワップポイントが高く、最小取引単位は1,000通貨で、取引ツールも使いやすく、初心者と相性がいいです。その代わり自動売買は利用できません。

ただ、これだけではLIGHT FXの魅力が伝わりきらないかと思います。

そこでこの記事では、LIGHT FXのメリット、デメリット、口コミ、評判などをわかりやすく解説することにしました。

記事はかなりの長文になりますので、見出しから読みたい箇所をピックアップして読んでください。

公式サイトへ / 目次へ

 

  1. LIGHT FXのメリット
    1. メリット1、スプレッドが業界最安値クラス(USD/JPY0.3銭)
    2. メリット2、スワップポイントが高い
    3. メリット3、最小通貨単位は1,000通貨から
    4. メリット4、電話サポートは24時間対応
    5. メリット5、キャッシュバックキャンペーンを実施している
    6. メリット6、ダイレクト入金対応の金融機関が多い(340行)
    7. メリットまとめ
  2. LIGHT FXのデメリット
    1. デメリット1、デモ口座は利用できない
    2. デメリット2、情報コンテンツが少ない
    3. デメリット3、学習コンテンツがない
    4. デメリットまとめ
  3. LIGHT FXの評判・口コミ
    1. 良い口コミ
    2. 悪い口コミ
  4. LIGHT FXの取引ツール
    1. シンプルトレーダー
    2. アドバンスドトレーダー
    3. LIGHT FXアプリ(iPhone、Androidスマホ)
  5. LIGHT FXのレバレッジは25倍固定
  6. LIGHT FXのロスカット値は、証拠金維持率100%以下
    1. 追証(マージンコール)はない
  7. LIGHT FXの通貨ペアは20種類
  8. LIGHT FXのスプレッドは最安値クラス(USD/JPY0.3銭)
  9. LIGHT FXのスワップポイント
  10. LIGHT FXの取引時間・メンテナンス時間
  11. LIGHT FXの入金方法
    1. ダイレクト入金
    2. 振込入金
  12. LIGHT FXの出金方法
  13. LIGHT FXの申し込み方法・審査
    1. 手順1、申し込みフォームへの記入
    2. 手順2、必要書類のアップロード
    3. 手順3、審査に合格する
      1. 審査に落ちるケース
    4. 手順4、ログインIDの書かれた書類が郵送される
  14. LIGHT FXの解約・退会方法
  15. LIGHT FXはこんな人におすすめ!
  16. FX業者のことはFX比較論におまかせ!(簡易サイトマップ)

LIGHT FXのメリット

LIGHT FXのメリットは以下の通りです。

  • スプレッドが業界最安値クラス(USD/JPY0.3銭)
  • スワップポイントが高い
  • 最小通貨単位は1,000通貨から
  • 電話サポートは24時間対応
  • キャッシュバックキャンペーンを実施している
  • ダイレクト入金対応の金融機関が多い(340行)

では、それぞれのメリットを順に見ていきましょう。

公式サイトへ / 目次へ

 

メリット1、スプレッドが業界最安値クラス(USD/JPY0.3銭)

LIGHT FXのスプレッドは業界最安値クラスで、特に1番狭いドル円のスプレッドも0.3銭です。

それ以外の通貨ペアも比較的狭いため、取引回数の多いスキャルピングトレードでも利益を出しやすいです。

LIGHT FXの主要通貨スプレッドは以下の通り。

  • USD/JPY:0.3銭
  • EUR/JPY:0.4銭
  • GBP/JPY:0.9銭
  • AUD/JPY:0.6銭
  • EUR/USD:0.3pips

スプレッドとは、取引ごとにFX業者に支払う手数料のこと。狭ければ狭いほど、トレーダーの得られる利益は大きくなります。

取引回数の多いトレードスタイルで利益を出したいなら、少しでもスプレッドが狭いFX業者を選びましょう。その点でLIGHT FXは十分に合格点です。

公式サイトへ / 目次へ

 

メリット2、スワップポイントが高い

またLIGHT FXは、スワップポイントが高いことでも知られています。

高金利な通貨ペアのスワップポイントは以下のとおり。(スワップカレンダー

  • ZAR/JPY(ランド/円):買い15円、売り-15円
  • TRY/JPY(トルコリラ/円):買い122円、売り-122円
  • MXN/JPY(メキシコペソ/円):買い16円、売り-16円

買いと売りのスワップポイントの差がゼロに等しく、スワップ取引でも利益が出しやすいのです。

公式サイトへ / 目次へ

 

メリット3、最小通貨単位は1,000通貨から

LIGHT FXの最小取引単位は1,000通貨からです。そのため資金の少ないFX初心者でも、気軽にFX取引を始められます。

もし最小取引単位が1万通貨だったなら、1ロット注文するのに証拠金が4万ほど必要になります。それに対して1,000通貨であれば、必要な証拠金は4,000円程度になります。

もちろん通貨量が10分の1になれば、得られる利益も10分の1になります。

それでも最小取引単位が少なく、初心者が参入しやすいのは大きな魅力です。FXの資金が10万円以下と少なめなら、LIGHT FXはおすすめです。

公式サイトへ / 目次へ

 

メリット4、電話サポートは24時間対応

LIGHT FXでは、平日は24時間コールセンターが対応しています。(土日は除く)

そのため深夜にFXのトラブルに見舞われても、コールセンターに電話すれば、柔軟に対応してもらえます。

特にFXを始めたばかりの初心者だと、いつでも電話でわからないことを質問できるのは便利なはずです。

ただし電話サポートは土日には対応していません。その場合は24時間365日対応しているお問い合わせフォームを利用しましょう。

公式サイトへ / 目次へ

 

メリット5、キャッシュバックキャンペーンを実施している

LIGHT FXではお得なキャンペーンを定期的に実施しています。

例えばプレゼントをもらえたり、キャッシュバックを得られたりします。

キャンペーンの具体例はこんな感じです。

  • トルコリラ取引で缶コーヒープレゼント
  • 口座開設+アプリ取引で、1,000円のキャッシュバック
  • 新規口座開設と新規取引で最大5万円のキャッシュバック

ただしプレゼントやキャッシュバックが多くもらえるのは、新規注文で何百ロット何千ロットと取引をした場合のみです。

キャンペーン目当てだけでFXトレードをすると、スプレッドで損をする可能性が高いです。キャンペーンはあくまで取引のついでだと心得るべきです。

公式サイトへ / 目次へ

 

メリット6、ダイレクト入金対応の金融機関が多い(340行)

LIGHT FXのクイック入金は340の金融機関に対応しています。

そのため地方銀行や労働金庫、信用組合などでも、インターネットでの入金が行えます。(提携金融機関一覧へ

FX業者の中にはインターネット入金が数行しか対応していないところもあるため、マイナーな金融機関だと使えないこともあるのです。

その点、LIGHT FXはネット入金に対応してる金融機関が非常に多いです。コンビニや銀行のATMに出向くことなく、インターネットで入金手続きができます。

マイナーな金融機関を利用しているなら、LIGHT FXはおすすめです。

公式サイトへ / 目次へ

 

メリットまとめ

LIGHT FXのメリットをおさらいします。

  • スプレッドが業界最安値クラス(USD/JPY0.3銭)
  • スワップポイントが高い
  • 最小通貨単位は1,000通貨から
  • 電話サポートは24時間対応
  • キャッシュバックキャンペーンを実施している
  • ダイレクト入金対応の金融機関が多い(340行)

スプレッドが狭く、スワップポイントは高く、最小取引単位は1,000通貨なので、基本的な部分で使いやすいです。

また取引ツールもシンプルで使いやすく、FX初心者と相性が良いはずです。

では、次はLIGHT FXのデメリットを見ていきましょう。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXのデメリット

LIGHT FXのデメリットは以下の通りです。

  • デモ口座は利用できない
  • 情報コンテンツが少ない
  • 学習コンテンツがない

では、それぞれのデメリットを順に解説していきます。

公式サイトへ / 目次へ

 

デメリット1、デモ口座は利用できない

LIGHT FXではデモ口座を利用できません。そのためFXの練習をするときは、実際にお金を使ってFX取引をする必要があります。

お金を使わずに取引ツールの使い勝手を試せないのは少し不便ですね。

ただLIGHT FXは最小取引単位が1,000通貨なので、少ない証拠金からでも手軽にFXを始められます。仮に1,000通貨で取引するとなると、必要な証拠金は4,000円ほどでしょうか。

緊張感のあるトレードするためにも、少額でもいいので実際のお金で取引することをお勧めします。

公式サイトへ / 目次へ

 

デメリット2、情報コンテンツが少ない

またLIGHT FXは他のFX業者と比べてマーケット情報が少ないです。

一応経済指標カレンダーを見れますが、それ以外の情報コンテンツはほとんどありません。

そのためFX初心者が情報収集するには、別のFX口座を開設してマーケットニュースを利用する必要があります。

公式サイトへ / 目次へ

 

デメリット3、学習コンテンツがない

またLIGHT FXは、初心者向けの学習コンテンツも少ないです。

公式サイトがFXをわかりやすく解説したり、プロが動画でFXをわかりやすく説明したりすることもないのです。

そのためFXのことを全く知らない初心者が使うには、LIGHT FXは力不足だと言えます。

FXを学習するなら、他のFX業者の口座を開設して、そこから学習コンテンツを学ぶのも良いでしょう。もしくはFXブログやYoutubeなどでFXの知識を仕入れるのも悪くないです。

LIGHT FXはシンプルな機能のために、FX取引と直接関係のないサービスはそぎ落としているようですね。

公式サイトへ / 目次へ

 

デメリットまとめ

LIGHT FXのデメリットをおさらいしましょう。

  • デモ口座は利用できない
  • 情報コンテンツが少ない
  • 学習コンテンツがない

情報系のコンテンツが少ないので、ブログやYoutubeでそれを補う必要があります。

では、次はLIGHT FXの口コミに移ります。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXの評判・口コミ

ここまでLIGHT FXのメリットとデメリットを解説してきました。

ただこの記事も商品の広告を載せている以上、どうしても商品をほめる方向に偏りがちです。

そこでここからは第三者の意見を取り入れるべく、LIGHT FXの口コミを掲載することにしました。情報ソースは価格.comです。

まずは良い口コミから見ていきましょう。

公式サイトへ / 目次へ

 

良い口コミ

LIGHT FXの良い口コミは以下のとおり。

スペースの関係で、口コミを簡略化しています。

  • スワップポイントが高い
  • スプレッドが狭い
  • 1,000通貨から取引可能
  • キャンペーンを頻繁に実施している

スプレッドが狭く、スワップポイントが高く、最小取引単位は1,000通貨で、基本に忠実なFX業者です。

そのかわり自動売買などは利用できず、学習コンテンツもほとんどありません。純粋にFXトレードを楽しみたい人向けですね。

公式サイトへ / 目次へ

 

悪い口コミ

LIGHT FXの悪い口コミは以下の通り。こちらも簡略化しています。

  • ニュースが少ない
  • 学習コンテンツがない

マーケット情報や学習コンテンツなどが少ないのが目立ちます。

本格的にFXトレードするのであれば、別のルートから情報を仕入れましょう。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXの取引ツール

LIGHT FXで利用できる取引ツールは以下の3種類です。

  • シンプルトレーダー
  • アドバンスドトレーダー
  • LIGHT FXアプリ

ここからはそれぞれの取引ツールを解説します。

公式サイトへ / 目次へ

 

シンプルトレーダー

シンプルトレーダーは、パソコンブラウザ向けのFX取引ツールです。ブラウザで動かすため、Mac OSでも利用できます。

ただし推奨環境はGoogle Chromeで、Internet ExplorerやEdgeだと動作が不安定になることがあります。

シンプルトレーダーの特徴は、とにかくデザインがシンプルなこと。余計なボタンや情報などが表示されていないため、FX初心者でも直感的に利用できます。

背景は白く、ボタンやローソク足は色濃く表示されるため、何が重要かが一目でわかります。

ごちゃごちゃしたツールが苦手な人には、このシンプルトレーダーがおすすめです。

公式サイトへ / 目次へ

 

アドバンスドトレーダー

アドバンスドトレーダーも、パソコンブラウザ向けのFX取引ツールです。こちらもブラウザで動かすため、MacOSでも利用できます。

アドバンスドトレーダーの魅力は、そのカスタマイズ性の高さ。

チャートの色を変えられるほか、1つの画面に4枚のチャートを表示することもできます。

そのため異なる時間足のチャートを表示して、相場の全体的な流れを読みつつ、エントリーのタイミングを見極めるといったことも可能です。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXアプリ(iPhone、Androidスマホ)

LIGHT FXアプリは、iPhoneとAndroidスマホ向けのFX取引ツールアプリです。

チャートにテクニカル指標を表示できるため、外出先でもパソコン並みのチャート分析が可能となります。

また経済指標やポジションの売買比率なども確認でき、チャートの分析がはかどるはずです。

これらの取引ツールを利用するには、iPhoneならApp Store、AndroidスマホならGoogle playからアプリをダウンロードする必要があります。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXのレバレッジは25倍固定

LIGHT FXのレバレッジは25倍で固定されており、それ以外の倍率には変更できません。

ただ証拠金を増やして、保有ポジションの枚数を減らすことで、実質的なレバレッジを下げることはできます。

短期的に大きな利益を上げたいなら、実質レバレッジを高く設定しましょう。

逆に長期的にこつこつと稼ぎたいなら、実質レバレッジを低く設定することです。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXのロスカット値は、証拠金維持率100%以下

LIGHT FXでは、証拠金維持率が100%未満になるとロスカットされます。

ロスカットとは、証拠金維持率が一定以下になるとポジションが強制的に決済されることです。目的は利用者の資金を守ること。

ロスカットされると含み損がそのまま損失になるため、一度にかなりの資金を失うことになります。

FXトレーダーとして利益を安定させたいなら、証拠金維持率が100%以下にならないよう、リスク管理を徹底しましょう。

公式サイトへ / 目次へ

 

追証(マージンコール)はない

LIGHT FXのロスカット値は100%なので、追証(マージンコール)はありません。

追証(おいしょう)とは、証拠金維持率が100%を下回ったとき、その埋め合わせに必要なお金のことです。(追加証拠金の略称でもある)

ロスカット値が50%や80%のFX業者には、追証制度があります。

期限内に資金を入れて、証拠金維持率を100%以上に回復させれば、ロスカットを回避できるのです。いわば猶予付きのロスカットですね。

LIGHT FXに追証はありませんが、知識として頭に入れておきましょう。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXの通貨ペアは20種類

LIGHT FXが取り扱っている通貨ペアは20種類です。

他のFX業者の通貨ペアも平均20種類くらいなので、LIGHT FXの通貨ペア種類は平均的と言えます。

アメリカドル、円、ユーロなど主要な通貨が使えるのはもちろんのこと、マイナーな通貨だと南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソなどが利用できます。

特にこれら3つの通貨はスワップポイントが高いことでも有名です。高金利の通貨でスワップ取引をしたいなら、LIGHT FXを利用してみてはいかがでしょうか?

もっと通貨ペアの種類が多いFX業者を利用したいなら、ヒロセ通商(50種類)やデューカスコピー・ジャパン(48種類)もおすすめです。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXのスプレッドは最安値クラス(USD/JPY0.3銭)

LIGHT FXの主要通貨スプレッドは以下のとおり。(配信率・約定率も99%以上)

  • USD/JPY:0.3銭
  • EUR/JPY:0.4銭
  • GBP/JPY:0.9銭
  • AUD/JPY:0.6銭
  • EUR/USD:0.3pips

スプレッドは全体的に狭く、特にUSD/JPYが0.3銭と最安値クラスなのがいいですね。

スプレッドは取引ごとにFX業者に支払う手数料で、狭ければ狭いほどトレーダーの得られる利益は大きくなります。

特に取引回数の多いスキャルピングトレードやデイトレードをするなら、スプレッドの狭いFX業者を選びましょう。

その点でLIGHT FXのスプレッドの狭さは合格点です。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXのスワップポイント

LIGHT FXの主要通貨スワップポイントは以下のとおり。

  • USD/JPY(ドル/円):買い80円、売り-80円
  • EUR/JPY(ユーロ/円):買い0円、売り0円
  • GBP/JPY(ポンド/円):買い25円、売り-25円
  • AUD/JPY(豪ドル/円):買い51円、売り-51円

売りと買いのスワップポイントがほぼ同じで、スワップポイントが優秀であることがわかります。

高金利通貨ペアのスワップポイントは以下のとおりです。

  • ZAR/JPY(ランド/円):買い15円、売り-15円
  • TRY/JPY(トルコリラ/円):買い122円、売り-122円
  • MXN/JPY(メキシコペソ/円):買い16円、売り-16円

ただ、ここで掲載しているスワップポイントはあくまで目安です。

正確なスワップポイントの値を知りたいなら、公式サイトの「スワップカレンダー」をご覧ください。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXの取引時間・メンテナンス時間

LIGHT FXの取引時間は以下の通りです。(詳細へ)

  • 標準時間(冬時間):月曜日午前7:00〜土曜日午前6:40
  • 夏時間:月曜日午前7:00〜土曜日午前5:40

日次メンテナンス時間はこちら。

  • 標準時間(冬時間):月曜日AM6:00~AM6:25・火曜日~日曜日 AM6:40~AM7:00
  • 夏時間:月曜日AM6:00~AM6:25・火曜日~日曜日 AM5:40~AM6:00

週次メンテナンスは以下のとおり。

  • 土曜日 PM0:00~PM6:00

メンテナンス中は注文が約定しません。朝にFXトレードをする人はご注意ください。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXの入金方法

LIGHT FXには「ダイレクト入金」と「振込入金」という2つの入金方法があります。

ここではそれぞれの入金方法を解説します。

公式サイトへ / 目次へ

 

ダイレクト入金

ダイレクト入金は、LIGHT FXの取引ツールから入金する方法です。

入金手数料は無料で、入金した金額がリアルで反映されるため、すぐにFX取引を楽しめます。(入金額は5,000円から)

またダイレクト入金に対応している金融機関は340にもおよびます。(金融機関一覧へ

そのため地方銀行や労働金庫、信用金庫なども対応しており、マイナーな金融機関でも問題なく利用できます。

公式サイトへ / 目次へ

 

振込入金

振込入金は、コンビニや銀行のATMから振込口座に入金する方法です。

ただし入金手数料は利用者負担で、入金が反映されるまでに数時間ほど時間がかかります。

手数料を安く抑えたいなら、振込入金よりダイレクト入金の方がおすすめです。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXの出金方法

LIGHT FXの出金手続きは、公式サイト(または取引ツール)のマイページから行います。

まずLIGHT FXには「入出金口座」と「FX口座」の2種類の口座があります。出金するには、FX口座のお金を入出金口座に振替する必要があるのです。

出金手数料は無料、1回の出金金額は2,000円以上、口座にお金が反映されるのは遅くとも3営業日以内です。

また出金できる通貨は日本円のみで、外貨の出金はできません。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXの申し込み方法・審査

LIGHT FXでFXトレードを始めるには、まず口座を開設する必要があります。

口座申し込みの手順は以下の通り。

  1. 申し込みフォームに個人情報を入力
  2. 本人確認書類を提出する
  3. 審査に通過する
  4. ログインIDなどが記載されたパスワードが郵送される

それぞれのプロセスを軽く解説します。

公式サイトへ / 目次へ

 

手順1、申し込みフォームへの記入

まずは口座開設申込フォームに個人情報を記入します。

住所や氏名、電話番号、勤務先の情報、資産情報、投資の運用歴などですね。

記入事項は20個ほどあり、入力に10分ほどかかります。

公式サイトへ / 目次へ

 

手順2、必要書類のアップロード

必要事項の記入が終わったら、次は2種類の必要書類をアップロードします。(本人確認書類の詳細はこちら

  1. 本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード)
  2. マイナンバー確認書類(マイナンバー通知カード、マイナンバー付き住民票の写し)

未成年の方も申し込みできますが、その場合は未成年者必要書類が必要になります。

書類の送付方法は、アップロードが一番早いです。スマホで撮影して、サイトにアップしましょう。

なおマイナンバーカードなら1枚だけで本人確認を済ませられます。

公式サイトへ / 目次へ

 

手順3、審査に合格する

必要書類のアップロードが終わると、トレイダーズ証券側で審査に入ります。(トレイダーズ証券はLIGHT FXを運営している会社。)

審査結果が通知されるまで、じっくりと待ちましょう。

公式サイトへ / 目次へ

 

審査に落ちるケース

トレイダーズ証券は審査基準を公開していません。

ただ審査に落ちる原因としては以下のケースが代表的です。

  • 資産、年収が少なすぎる(100万円以下など)
  • フォームに入力した個人情報と本人確認書類の情報が合致しない
  • 虚偽の情報がある

FXは非常にリスクの高い金融商品です。トレードを始めるなら、必要最低限の資金を確保した上で、借金をしないようにしましょう。

公式サイトへ / 目次へ

 

手順4、ログインIDの書かれた書類が郵送される

審査に合格すると、ログインIDが書かれた書類が自宅に郵送されます。

そのログインIDを入力して、ようやくLIGHT FXで口座開設ができるようになります。

書かれている内容は重要なので、郵送書類はなくさないよう厳重に保管しましょう。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXの解約・退会方法

LIGHT FXの口座解約は、公式サイトの「お問い合わせフォーム」から行います。

お問い合わせの種類の中から、「解約について」という項目を選んでください。

なお口座に残高が残っていると解約できないので、解約する前には口座のお金を全て出金しておきましょう。

公式サイトへ / 目次へ

 

LIGHT FXはこんな人におすすめ!

LIGHT FXの強みは以下のとおり。

  • スプレッドが狭い(USD/JPY0.3銭)
  • スワップポイントが優れている
  • 最小取引単位が1,000通貨から
  • ダイレクト入金に対応している金融機関が多い(340行)

したがってLIGHT FXはこんな人におすすめです。

  • 取引回数の多いトレードスタイルの人
  • スワップ取引で利益を得たい人
  • FXの資金が少ない人(10万円以下)
  • 地方銀行などのマイナーな金融機関を利用している人
公式サイトへ / 目次へ

 

FX業者のことはFX比較論におまかせ!(簡易サイトマップ)

当サイト「FX比較論」では、FX業者のメリット・デメリットを解説しています。

おすすめはこちらの5社ですね。

それ以外のFX業者の記事も書いています。

ジャンル別のおすすめも紹介しています。

FX業者を全体的に比較したいなら、トップページを読みましょう。