GMOクリック証券(FXネオ)の評判・口コミは? メリット・デメリットと合わせて解説!

GMOクリック証券(FXネオ)は、FX業者の中でも大手です。知名度が高く利用者も多いため、FX業者のブランドとしても有名です。

さらにスプレッドも安く、取引ツールも使いやすいため、初心者にもおすすめな業者です。

ただFX業者の種類もたくさんあり、それぞれの細かい特徴を調べるのは大変です。

そこでこの記事では、GMOクリック証券(FXネオ)のメリット、デメリット、口コミ、取引ツールなどを分かりやすく解説することにしました。

記事はかなりの長文になりますので、目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

GMOクリック証券で口座開設する

 

  1. GMOクリック証券(FXネオ)のメリット
    1. メリット1、世界取引高がナンバーワンで、知名度が高い
    2. メリット2、スプレッドが業界最安値
    3. メリット3、スワップの金利が高い
    4. メリット4、取引ツールが使いやすい
    5. メリット5、バイナリーオプションも利用できる
    6. メリット6、FX口座の資金を株・投資信託・先物・CFDに利用できる
  2. GMOクリック証券(FXネオ)のデメリット
    1. デメリット1、FXトレードには多額の資金が必要(100万円ほど)
    2. デメリット2、ロスカットに500円の手数料が発生する
  3. GMOクリック証券(FXネオ)の口コミ・評判
    1. 良い口コミ
    2. 悪い口コミ
  4. GMOクリック証券(FXネオ)のデモ取引
    1. デモ取引ツール
    2. デモ取引の注意点
    3. デモ取引で儲かっても、本番は儲からない
  5. GMOクリック証券(FXネオ)の取引ツール
    1. ブラウザ取引画面
    2. プラチナチャート
    3. スマホアプリ(GMOクリックFX)
    4. はっちゅう君FXプラス
    5. モバトレ君
    6. ブラウザインストール型
    7. AndroidWear専用アプリ(FXWatch!)
  6. GMOクリック証券(FXネオ)のレバレッジは25倍固定
  7. GMOクリック証券(FXネオ)の通貨ペアは19種類
  8. GMOクリック証券(FXネオ)の約定力は高め
  9. GMOクリック証券(FXネオ)のスワップポイント
  10. GMOクリック証券(FXネオ)のロスカット条件は、証拠金維持率50%未満
    1. 50%以上100%未満ならメールでアラート
  11. GMOクリック証券(FXネオ)の取引時間
  12. GMOクリック証券(FXネオ)の審査
    1. 審査には本人確認書類が必要
    2. 審査に落ちる原因
  13. GMOクリック証券(FXネオ)の入金
      1. 即時入金サービス
      2. 振込入金
    1. 即時入金サービスに対応している金融機関
  14. GMOクリック証券(FXネオ)の出金
    1. 出金方法
    2. 出金手数料は無料
    3. 出金受付時間
  15. GMOクリック証券(FXネオ)の退会・解約
  16. GMOクリック証券(FXネオ)はこんな人におすすめ!
  17. FX業者のことはFX比較論におまかせ!(簡易サイトマップ)

GMOクリック証券(FXネオ)のメリット

GMOクリック証券(FXネオ)のメリットは以下の通りです。

  • 世界取引高がナンバーワンで、知名度が高い
  • スプレッドが業界最安値
  • スワップの金利が高い
  • 取引ツールが使いやすい
  • バイナリーオプションも利用できる
  • FX口座の資金を株や投資信託に使える

特にFX業者としてのシェアが高く、スプレッドも最安値クラスなので、DMM FXと並んで初心者におすすめのFX業者です。

ではそれぞれのメリットを解説しましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

メリット1、世界取引高がナンバーワンで、知名度が高い

GMOクリック証券(FXネオ)は、FX取引高が世界ナンバーワンです。世界中で利用している人がひとが多いことから、FX業者としての信頼度も高いです。

また日本国内の口座開設数も2位で、やはり利用者が多いことがわかります。ちなみに1位はDMM FXです。

FX業者の利用者が多いと、それだけFX業者の情報もたくさんネットに転がっています。そのためわからないことがあっても、必要な情報をすぐに見つけられます。

FXのシステムはわかりにくい部分が多いため、初心者はとりあえず大手のFX業者から使うことをおすすめします。

目次へ / 口座を使ってみる

 

メリット2、スプレッドが業界最安値

GMOクリック証券(FXネオ)は、スプレッドが安いことでも有名です。

特にUSドル/日本円のスプレッドは0.3銭で、これは他のFX業者と比べても最安値クラス。

それ以外のマイナーな通貨のスプレッドも安く設定されており、取引回数が多くなっても利益を出しやすいです。

ちなみにスプレッドとは、FXで注文をする時に発生する手数料のこと。この手数料がFX業者の収入源であり、スプレッドが安いほどトレーダーの利益が大きくなります。

したがって、FXで利益を出したいなら、なるべくスプレッドの安いFX業者を選ぶようにしましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

メリット3、スワップの金利が高い

GMOクリック証券(FXネオ)は、スワップポイントの金利が高いことでも有名です。スワップ取引で高い利益をだしたい人は検討してみましょう。

ちなみに、スワップ取引とは、金利の低い国のお金を借りて、金利の高い国のお金と交換すること。スワップ(swap)は英語で「交換する」を意味します。

スワップ取引は金利の差を利用して資金を放置するため、チャートに張り付いてトレードする必要がありません。

特に会社員など、チャートを眺める暇のない人におすすめのトレード手法です。

目次へ / 口座を使ってみる

 

メリット4、取引ツールが使いやすい

またGMOクリック証券(FXネオ)、取引ツールが使いやすいことでも定評があります。

特にパソコン版であればツールが3種類もあり、自分と相性の良いものを選べるはずです。

さらにGMOの取引ツールはスマホアプリにも対応しており、外出先でもFX取引が可能です。

スマホアプリでもテクニカル指標を表示したり、指値注文をしたり、ニュースを表示したりでき、パソコンと変わらないFX取引ができます。

スマホアプリの取引ツールもDMM FXと同じくらい使いやすいです。外出先でFXをする機会が多い人は、GMOクリック証券(FXネオ)を検討してみましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

メリット5、バイナリーオプションも利用できる

GMOクリック証券(FXネオ)は、バイナリーオプションも利用できます。1,000円未満の少ない金額からでも始められ、大きな資金を用意できない人におすすめのサービスです。

バイナリーオプションは怪しい投資商品のようなイメージがありますが、国内の大手企業のものであれば安心して利用できますね。

ルールも簡単で、指定された値よりチャートが高くなるか低くなるかを予想するだけです。

FXのシステムは複雑なので、まずはバイナリーオプションから挑戦するのも悪くない選択肢です。

目次へ / 口座を使ってみる

 

メリット6、FX口座の資金を株・投資信託・先物・CFDに利用できる

GMOクリック証券はFX以外にも、株や投資信託、先物取引やCFDなどのサービスも展開しています。

これらのサービスは同じGMOクリック証券の系列なので、FXで稼いだお金をそのまま株や投資信託に回すこともできます。

確かにFXはレバレッジが高い分大きな収益を出しやすいですが、それと同じだけ大きな損失も出しやすいです。

リスクヘッジのためにも、株や投資信託等に資金を回しておけば、安心してFXに専念できますね。

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券で口座開設する

 

GMOクリック証券(FXネオ)のデメリット

ここまでGMOクリック証券(FXネオ)のメリットを説明してきましたが、もちろんデメリットも存在します。

主なデメリットは以下の2つです。

  • FXトレードには多額の資金が必要(100万円ほど)
  • ロスカットに500円の手数料が発生する

ではそれぞれのデメリットを解説していきましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

デメリット1、FXトレードには多額の資金が必要(100万円ほど)

GMOクリック証券(FXネオ)は、レバレッジが25倍固定で、最低取引単位は1万通貨です。そして1万通貨単位を注文するにも、最低4万円ほどは必要になります。

まともに利益を出すなら10万通貨単位、さらに証拠金維持率を200%以上をキープするなら、運用資金は100万円ほど欲しいところです。

したがって、GMOクリック証券(FXネオ)でFX取引をするにはかなりの資金が必要になります。数千円程度の資金ではまともに取引ができないのです。

レバレッジ25倍の国内FX業者を利用するなら、最低でも100万円は用意したいところですね。

目次へ / 口座を使ってみる

 

デメリット2、ロスカットに500円の手数料が発生する

GMOクリック証券(FXネオ)では、ロスカット時に500円の手数料が発生します。これは他のFX業者では普通発生しない手数料です。

ただロスカットをしている時点で数万円から数十万円の損失を出しているため、500円の手数料はさほど気にならないはずです。

それよりも知名度やスプレッドの安さなどのメリットの方が大きいでしょう。

ちなみに、GMOクリック証券(FXネオ)では、証拠金維持率が50パーセント未満になるとロスカットが発生します。

そうならないよう、証拠金維持率は200パーセント以上をキープしたいですね。

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券で口座開設する

 

GMOクリック証券(FXネオ)の口コミ・評判

ここまでGMOクリック証券(FXネオ)のメリットとデメリットを解説してきました。

ただいFXのアフィリエイトサイトを作っている以上、どうしても記事が商品をほめる方向にかたよりがちです。

そこでここからは第三者の意見を取り入れるべく、GMOクリック証券(FXネオ)の口コミを掲載することにしました。情報ソースは価格.comです。

目次へ / 口座を使ってみる

 

良い口コミ

GMOクリック証券(FXネオ)の良い口コミは以下の通りです。

  • スプレッドが狭い
  • 約定力も強い
  • スマホのチャート画面も使いやすい
  • スワップポイントが高い
  • 24時間の電話対応でサポートも充実
  • アラート機能がある
  • スリッページが少ない

スプレッドが狭く約定力も高いため、FX初心者でも安定したトレードができます。

電話によるサポートも充実しており、わからないことがあってもすぐに質問できるのも良いですね。

目次へ / 口座を使ってみる

 

悪い口コミ

GMOクリック証券(FXネオ)の悪い口コミは以下の通りです。

  • ツールが複雑で、初心者には少し使いにくい

確かにGMOクリック証券(FXネオ)の取引ツールは少し複雑です。ただこれはFXツール全般に言えることなので、慣れてしまえばそれほど気になりません。

それ以外には目立った悪評がないため、初心者の最初のFX業者としては悪くないはずです。

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券で口座開設する

 

GMOクリック証券(FXネオ)のデモ取引

GMOクリック証券(FXネオ)では、デモ取引を利用できます。

デモ取引を利用することで、FXトレードの感覚がつかめるようになり、本番のトレードがスムーズになります。

ここからはGMOクリック証券(FXネオ)のデモ取引について解説します。

目次へ / 口座を使ってみる

 

デモ取引ツール

GMOクリック証券(FXネオ)のデモ取引で利用できるツールは以下の3つです。

  • PCブラウザ(プラチナチャートプラスも含む)
  • はっちゅう君FX Plus
  • スマホアプリ

特にパソコンアプリのはっちゅう君FX Plusは、テクニカル指標を同時に沢山表示でき、カスタマイズ性に優れてきます。

ただし対応しているOSはWindowsだけで、Mac OSには対応していません。

FXネオのデモ取引はこちら

目次へ / 口座を使ってみる

 

デモ取引の注意点

デモ取引で注意するべき点は以下の通りです。

  • 利用期間は1ヶ月(再申し込みは可能)
  • 取引にはメールアドレスが必要
  • 口座のお金がなくなっても補充可能

目次へ / 口座を使ってみる

 

デモ取引で儲かっても、本番は儲からない

確かにデモ取引ではFXトレードの練習ができます。

ただデモ取引は実際のお金を使わないため、金銭感覚が狂いやすいです。人は金銭的な痛みが伴わない取引だと、リスクを考えなくなるからです。

そのためデモ取引で大きな利益をだしたからといって、本番で無茶なトレードをすると痛い目を見ます。

FXは本番のトレードを積み重ねることでしか上達しません。そのためいかに大きな損を出さずにFXトレードの経験を積むかが重要になります。

間違っても「デモ取引で儲かったから本番でも儲かる!」とは考えないようにしましょう。練習と本番はそれだけ違うのです。

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券(FXネオ)の取引ツール

GMOクリック証券(FXネオ)の魅力の1つは取引ツールの数が多いことで、以下の7種類の取引ツールを利用できます。

  • ブラウザ取引画面
  • プラチナチャート
  • スマホアプリ(GMOクリックFX)
  • はっちゅう君FXプラス
  • モバトレ君
  • ブラウザインストール型
  • AndroidWear専用アプリ(FXWatch!)

ではそれぞれの取引ツールを順に見ていきましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

ブラウザ取引画面

GMOクリック証券(FXネオ)では、パソコンブラウザで取引を行えます。

パネル表示にすると最大18の通貨ペアを表示でき、1画面あたりの情報量はFX業者の中でもトップクラスです。ただしこのブラウザ画面ではチャートを表示できません。

チャートを表示する場合は、同じサービスのプラチナチャートプラスを利用しましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

プラチナチャート

プラチナチャートは、先ほど紹介した取引ツールの上位版です。最大16種類のチャートを表示でき、38種類のテクニカル指標が利用できます。

それにチャート画面から相場に影響するニュースも確認でき、他のトレーダーより情報面で優位に立てます。

こちらもパソコンアプリではなくウェブブラウザで起動するため、MacOSでも問題なく利用できます。ただしsafariには対応していません。

目次へ / 口座を使ってみる

 

スマホアプリ(GMOクリックFX)

GMOクリック証券(FXネオ)はスマホアプリにも対応しており、外出先でもFXトレードができます。

またチャートを分割して4画面に、それを4ページで合計16チャートを表示できます。一度にたくさんのチャートを俯瞰でき、どの通貨ペアを注文するかすぐに判断できますよ。

スマホアプリは1画面あたりの情報量が少ないのがデメリットですが、それをうまく克服しています。

さらにテクニカル指標も基本的なものは一通り使えるため、スマホでもパソコンに負けないぐらい充実した取引ができます。

目次へ / 口座を使ってみる

 

はっちゅう君FXプラス

はっちゅう君FXプラスは、パソコン用のソフトウェアのFX取引ツールです。対応しているのはWindowsで、MacOSでは使えません。

ブラウザツールと比べるとダウンロードや起動の手間などがありますが、それ以上にサービス内容が充実しています。

テクニカル指標をチャートにたくさん表示でき、拡大機能もあるため、より綿密なチャート分析ができるようになります。

プラチナチャート以上に充実したトレード体験をしたいなら、ぜひともこのサービスを利用しましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

モバトレ君

モバトレ君は、ガラケーに対応したFX取引ツールです。対応しているキャリアは、ドコモ、ソフトバンク、auの3種類です。

ただしチャートを表示できないため、スマホアプリと比べると使い勝手は劣ります。

何か特別な事情でガラケーでFX取引をする人のみ利用しましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

ブラウザインストール型

ブラウザインストール型では、パソコンブラウザのツールバーでFX情報を常に確認できます。為替レートだけでなく、重要な経済指標や為替関連のニュースなども確認でき、FX取引の判断がしやすくなります。

ただしこのサービスが利用できるのはWindowsのInternet Explorerだけです。Mac OSやGoogle Chromeでは利用できません。

世界的に利用者の多いGoogle chromeに対応していないのはかなり不便ですね。

目次へ / 口座を使ってみる

 

AndroidWear専用アプリ(FXWatch!)

GMOクリック証券(FXネオ)では、スマートウォッチでFXチャートを確認できます。

ただしスマートウォッチ本体ではFX取引の注文はできず、スマートフォンのアプリで注文をする形になります。あくまでチャートを確認するためのツールです。

また、対応している機種はAndroidのスマートウォッチのみで、Apple Watchには対応していません。

FXネオのツール一覧へ

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券(FXネオ)のレバレッジは25倍固定

GMOクリック証券(FXネオ)のレバレッジは25倍で固定されており、変更はできません。25倍以外のレバレッジでFX取引をしたいなら、別のFX業者を利用しましょう。

低レバレッジで取引をしたいなら、YJFX(外貨ex)ライブスター証券で口座を開設しましょう。YJFX(外貨ex)なら10倍、ライブスター証券なら5倍、10倍に設定できます。

ただし、レバレッジを低くすると、必要な証拠金も増えてしまいます。

数百万円くらいの資金を用意できるなら、低レバレッジ取引をしても問題ないでしょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券(FXネオ)の通貨ペアは19種類

GMOクリック証券(FXネオ)で使える通貨ペアは全部で19種類です。これは他のFX業者と比べても平均的です。

ただスイスフラン、トルコリラ、南アフリカランドなど値動きの激しい通貨も扱っており、ハイリスク・ハイリターンなFX取引にも挑戦可能です。

通貨ペアの多いFX業者を利用したいなら、以下の3社がおすすめです。

他のFX業者では扱っていないマイナーな通貨を利用でき、ハイリスク・ハイリターンな取引が可能です。

FXネオの通貨ペアを見る

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券(FXネオ)の約定力は高め

GMOクリック証券(FXネオ)は約定力が高いことでも定評があります。そのため意図したタイミングで注文が通りやすく、気持ちの良いトレードができます。

ちなみに約定力とは、投資家が意図したタイミング通りにFXの注文をできる確率のことです。約定力が高いほど、注文トラブルが発生しにくくなり、安定した利益を出しやすくなります。

一方約定力が低いと、意図しない価格で注文してしまう「スリッページ」が発生しやすくなります。スリッページが発生すると、スプレッドが広い状態で注文してしまうため、利益を出しにくくなります。

その点でGMOクリック証券(FXネオ)は約定力が高いため、ストレスのない思い通りのFX取引が可能となります。

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券(FXネオ)のスワップポイント

GMOクリック証券(FXネオ)のスワップポイントは平均よりも少し高めです。そのためスワップ取引をしても、安定した取引を出せます。

ちなみにスワップポイントとは、2種類の通貨を交換した時の金利の差のことです。たとえば金利の低い日本円を買って、金利の高い南アフリカランドを購入すれば、その金利の差だけ収益を得られます。

スワップポイントは金利による収益なので、FXトレードすることなく放置だけで収益が発生します。その代わりFXトレードほど大きな収益は出せません。

したがって、スワップ取引は資金に余裕があり、時間に余裕がない人に適したトレード手法だと言えますね。

FXネオのスワップポイントを見る

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券(FXネオ)のロスカット条件は、証拠金維持率50%未満

GMOクリック証券(FXネオ)では証拠金維持率が50%未満になると自動でロスカットされます。

ポジションがロスカットされてしまうと、含み損をかかえられなくなり、出せるはずだった収益も出せなくなります。

ロスカットの目的は、利用者の資金を守ることです。それでも大きな損をすることには変わりないので、ロスカットはなるべく避けましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

50%以上100%未満ならメールでアラート

またGMOクリック証券(FXネオ)では証拠金維持率が50%以上100%未満になると、アラート状態になります。

この状態になると、新しくFXの注文ができなくなり、証拠金維持率が100パーセント以上になるまで追加証拠金が求められます。そしてアラート状態になった場合、メールで利用者に通知されます。。

証拠金維持率100%未満は、資金が危ない状態を意味します。追加の証拠金を入れてロスカットを回避するか、損切りするかを選びましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券(FXネオ)の取引時間

GMOクリック証券(FXネオ)の取引時間は、他のFX業者と同じように平日は24時間対応、土日はお休み、祝日は利用可能です。

厳密には、月曜日の午前7時から土曜日の午前7時までずっと利用できます。

市場が開いたり閉じたりするときは、チャートの値動きが激しくなります。そのため短期のトレードをしている人は、土曜日の午前7時までにポジションを決済をしておきましょう。

FXネオの取引時間について

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券(FXネオ)の審査

GMOクリック証券(FXネオ)を利用するには、審査に通過する必要があります。所得があまりにも少なかったり、身元がはっきりとしていない人は、FXを利用できないからです。

ここからはGMOクリック証券(FXネオ)の審査についてお話します。

目次へ / 口座を使ってみる

 

審査には本人確認書類が必要

GMOクリック証券(FXネオ)の審査を受けるには、まず本人確認書類が必要です。確認書類はいくつかありますが、中でもおすすめなのはマイナンバーカードです。

顔写真つきのマイナンバーカードなら、これ1枚でFX業者の審査を受けられます。

同じく顔写真つきの証明書といえば運転免許証がメジャーですが、現在FXを利用するにはマイナンバーが必要になっています。

1枚だけで手続きを楽に済ませたいなら、マイナンバーカードを提出することをおすすめします。

目次へ / 口座を使ってみる

 

審査に落ちる原因

GMOクリック証券(FXネオ)の審査に落ちる主な原因は以下の通りです。

  • 資産・収入が少ない
  • 記入事項にミスがある
  • 多重申し込みをしている(FX口座は一人一つまで)

特に資産や収入などが少なすぎると、FXの審査に落ちる可能性が高いです。できれば資産と収入はそれぞれ100万円以上をキープしたいですね。

それにお金に余裕がないとついつい焦って大胆なトレードに頼りがちです。メンタル面を安定させるためにも、FX以外の資産を確保しておきましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券(FXネオ)の入金

GMOクリック証券(FXネオ)では以下の2種類の入金方法があります。

  • 即時入金サービス(無料)
  • 振込入金(有料)

それぞれの入金方法について軽く解説しましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

即時入金サービス

即時入金サービスを利用すれば、銀行口座のお金を一瞬でFX口座に入金できます。

入金すればすぐにお金が反映されるため、できるだけ早くFX取引を始めたい人におすすめです。

さらに即時入金サービスでは入金手数料も無料になります。パソコンやスマートフォンから手軽に入金手続きが行えるため、外に出る必要もありません。

特に理由がない限り、即時入金サービスを利用した方がお得です。

目次へ / 口座を使ってみる

 

振込入金

振込入金では、銀行やコンビニのATMでFX口座に入金します。

この場合入金手数料は利用者が負担することになります。手数料は金融機関によって異なりますが、大体は108円か216円でしょう。

コンビニや銀行に行く手間がかかりますが、ネットのサービスを利用するのが怖い人は利用してみてはいかがでしょうか?

目次へ / 口座を使ってみる

 

即時入金サービスに対応している金融機関

即時入金サービスに対応している金融機関は12種類です。

三菱UFJ銀行やりそな銀行などの大手銀行から、住信SBネットや楽天銀行などのネット銀行まで対応しています。

主要な銀行であればほとんどが対応していますが、地方の銀行やマイナーな銀行だと即時入金サービスに対応していません。

マイナー銀行で入金する場合は、振込入金を利用することになります。

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券(FXネオ)の出金

FXトレードで稼いだお金は、FX口座から銀行口座に移して初めて使えるようになります。

ここからはGMOクリック証券(FXネオ)の出金について解説します。

目次へ / 口座を使ってみる

 

出金方法

GMOクリック証券(FXネオ)の出金は、取引ツールか会員ページから行います。

ただし外為オプションの資金を出金するには、いちどFXの専用口座に移し替える必要があります。

目次へ / 口座を使ってみる

 

出金手数料は無料

GMOクリック証券(FXネオ)の出金手数料は無料です。

これはほとんどのFX業者でも同様です。

目次へ / 口座を使ってみる

 

出金受付時間

GMOクリック証券(FXネオ)では出金手続きをすると、1日から2日後には口座にお金が振り込まれます。

もう少し具体的に説明しましょう。

深夜の0時から15時までの間に出勤手続きをすると、翌営業日に出金されます。ただし午前3時30分から6時までの間はシステムメンテナンス中なので出金できません。

一方午後17時から深夜の24時までに出勤手続きをすると、翌々営業日に出金されます。

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券(FXネオ)の退会・解約

GMOクリック証券(FXネオ)を解約するには、まず解約したい旨をGMOクリック証券側に伝える必要があります。

伝える方法はコールセンターに問い合わせるか、会員ページのお問い合わせページから行うかの2種類です。

連絡が取れると口座解約の書類が郵送されるので、必要事項を記入してから、GMOクリック証券に返送しましょう。

それと口座を解約する前には、口座の資金をゼロにしておく必要があります。

目次へ / 口座を使ってみる

 

GMOクリック証券(FXネオ)はこんな人におすすめ!

ここまでGMOクリック証券(FXネオ)について長々と説明してきましたが、特にこんな人におすすめです。

  • とりあえず大手のFX業者を選びたい人
  • 株や投資信託に興味のある人
  • バイナリーオプションもやってみたい人
  • 安定した取引を行いたい人

GMOクリック証券(FXネオ)の最大の長所は、FX業者としての規模の大きさです。取引高が世界一で知名度も高いため、FXに詳しくない人でも安心して利用できます。

大手のFX業者だけあってサポートも充実しており、わからないことがあれば気軽に質問できます。

あとはFXで稼いだお金を、株や投資信託などに回せるのも大きなメリットです。FX以外のマネーゲームを楽しみたい人も利用してみてはいかがでしょうか?

GMOクリック証券で口座開設する

 

FX業者のことはFX比較論におまかせ!(簡易サイトマップ)

当サイト「FX比較論」では、FX業者のメリット・デメリットを解説しています。

おすすめはこちらの5社ですね。

それ以外のFX業者の記事も書いています。

ジャンル別のおすすめも紹介しています。

FX業者を全体的に比較したいなら、トップページを読みましょう。

タイトルとURLをコピーしました