DMM FXの評判・口コミは? メリット・デメリットも合わせて解説!

DMM FXは、スプレッド・スワップポイント・約定率が優秀なFX業者です。

さらに電話・LINEによるサポートも充実しており、FXのことでわからないことが多い初心者にもぴったりです。

口座開設数ナンバーワンで、知名度が高いのも何だか安心ですね。

ただFX業者は他にもたくさんあり、その具体的な違いについては分かりにくいかと思います。

そこでこの記事ではDMM FXのメリット、デメリット、口コミ、取引ツールなどを分かりやすく解説することにしました。

記事はかなりの長文になりますので、目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

DMM FXで口座開設する

 

  1. DMM FXのメリット
    1. メリット1、利用者が多く、情報が入手しやすい(FX口座数が国内第一位)
    2. メリット2、ポイントを貯めて、資金に利用できる
    3. メリット3、取引ツールが使いやすい(スマホ・タブレットにも対応)
    4. メリット4、スプレッドが安い(USD/JPY 0.3銭)
    5. メリット5、電話・メール・LINEでのサポートが充実
    6. メリット6、約定率が優秀で、注文が滑りにくい
  2. DMM FXのデメリット
    1. デメリット1、最小取引単位が1万通貨から
    2. デメリット2、スキャルピングと相性が悪い(アカウント凍結のリスクあり)
  3. DMM FXの口コミ・評判
    1. 良い口コミ
    2. 悪い口コミ
  4. DMM FXのデモ取引
    1. デモ取引のツール
    2. デモ取引の注意点
  5. DMM FXの取引ツール
    1. DMM FX STANDARD(パソコンブラウザ)
    2. DMM FX PLUS(パソコンブラウザ)
    3. プレミアチャート(パソコンブラウザ)
    4. 取引通信簿(パソコンブラウザ)
    5. スマホアプリDMM FX
    6. DMM FX for smart phone(スマホブラウザ)
    7. モバイル版取引ツール(DMMFX for Mobile)
  6. DMM FXのポイントシステム
    1. ポイントランクアップ
    2. ポイントの貯まりやすい通貨ペア
    3. DMM FXのポイントの注意点
  7. DMM FXのロスカット条件は、証拠金維持率50%以下
    1. 証拠金維持率100%未満で、追加の資金が必要に(追加証拠金制度)
  8. DMM FXの通貨ペア:20種類
  9. DMM FXのスプレッド:狭い
  10. DMM FXのスワップポイント:良い
  11. DMM FXの口座開設と審査について
    1. 審査は本人確認書類が必要
  12. DMM FXの取引時間(平日は24時間、土日はお休み)
  13. DMM FXのレバレッジは25倍固定。変更はできない
  14. DMM FXの入金について
    1. クイック入金(手数料無料)
    2. 振込入金(手数料有料)
  15. DMM FXの出金について
    1. 出金方法
    2. 出金手数料
    3. 出金にかかる時間は1日から3日
    4. 出金できる金額の上限・下限
  16. DMM FXの退会・解約方法
  17. DMM FXはこんな人におすすめ!
  18. FX業者のことはFX比較論におまかせ!(簡易サイトマップ)

DMM FXのメリット

DMM FXのメリットは以下の通りです。

  • 利用者が多く、情報が入手しやすい(FX口座数が国内第一位)
  • 取引を繰り返すとDMMポイントがもらえる
  • 取引ツールがスマホにも対応
  • スプレッドが安い(USD/JPY 0.3銭)
  • 電話・メール・LINEでのサポートが充実
  • 約定率が優秀で、注文が滑りにくい

では、それぞれのメリットを解説していきましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

メリット1、利用者が多く、情報が入手しやすい(FX口座数が国内第一位)

まずDMM FXは口座数が国内第1位です。そのため利用者が多く、わからないことがあってもDMM FXの公式ページやブログから必要な情報を簡単に見つけられます。

初心者がFXを始めたばかりだと、わからないことも多いはずです。そんな時ネットに情報がたくさん転がっているのはありがたいですよね。

ちなみに「WE LOVE FX」によると、口座数が2番目に多いFX業者はGMOクリック証券で、3番目は外為ドットコムです。

取引口座が多いと、それだけFX業者も収益を上げていることになるため、サポートが充実している可能性も高いです。初心者がFX業者を選ぶ判断基準の一つになるでしょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

メリット2、ポイントを貯めて、資金に利用できる

DMM FXでは、FX取引を繰り返すことでポイントが貯まっていきます。貯めたポイントは1ポイント1円から現金に交換でき、FX取引の資金にも使えます。

ポイントは取引回数に応じて貯まっていくため、取引回数の多いトレードスタイルの人だとポイントが貯まりやすいです。

取引回数の多い人はDMM FXを検討してみてはいかがでしょうか?

目次へ / 口座を使ってみる

 

メリット3、取引ツールが使いやすい(スマホ・タブレットにも対応)

DMM FXは取引ツールの使いやすさでも定評があります。

ボタンが大きく取引画面もごちゃごちゃしていないため、直感的な操作で取引ができます。

特にFX初心者も最初のうちはFXに関してはわからないことだらけです。そのため余計な情報が表示されていないほうが、かえって使いやすいはずです。

仮に他に使いたいFX業者があったとしても、DMM FXに慣れてからでも遅くはないはずです。

目次へ / 口座を使ってみる

 

メリット4、スプレッドが安い(USD/JPY 0.3銭)

さらにDMM FXはスプレッドが狭いことでも有名です。

ちなみにスプレッドとは、FXの取引手数料のことで、狭いほど利益を出しやすくなります。

例えばDMM FXでは米ドル/円の通貨ペアのスプレッドは0.3銭で、これは大手FX業者のGMOクリック証券外為ジャパンヒロセ通商と同じレベルです。

さらにDMM FXのスプレッド提示率は96パーセントを超えており、スプレッドが変化しにくく、安定した取引がしやすくなります。

ちなみに提示率は注文時のスプレッドが基準の範囲内だったことを示す割合で、高ければ高いほど安定したトレードができます。

その点でDMM FXは提示率が高く、安定しているということですね。

目次へ / 口座を使ってみる

 

メリット5、電話・メール・LINEでのサポートが充実

DMM FXは初心者向けのサポートも充実しています。電話やメールだけでなく、ラインにも対応しており、FXでわからないことがあれば気軽に質問できます。

特に最近の若い人は電話やメールを使いたがらないため、LINEに対応しているのは便利ですよね。

さらにDMM FXではAIチャットにも対応しており、人とのコミュニケーションを介さずに疑問を解決できます。

FXのシステムは複雑です。質問をうまく言語化できない人は、AIチャットを活用して自分の欲しい答えを見つけられるようにしましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

メリット6、約定率が優秀で、注文が滑りにくい

DMM FXはFXのシステムが安定しているため、スリッページが起こりにくいです。そのため変動が大きい相場でも、他のFX業者と比べて不利なレートが生じにくいです。

ちなみにスリッページとは、注文した価格と実際に約定された価格の差のことです。

スリッページの差が大きいと、FX取引の損失が大きくなります。FXトレードで安定した取引をしたいなら、スリッページ対策をしておきましょう。

スリッページ対策を完璧にするなら、注文時にあらかじめ限度幅を設けておきましょう。スリッページが限度幅を上回ると、取引が不成立となり、不利なトレードを防げます。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXで口座開設する

 

DMM FXのデメリット

DMM FXのデメリットは以下の2つです。

  • 最小取引単位が1万通貨から
  • スキャルピングと相性が悪い

では、それぞれのデメリットを見ていきましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

デメリット1、最小取引単位が1万通貨から

DMM FXの最小取引単位は、1万通貨からです。そのためFXトレードで利益を出すには、まとまった資金が必要になります。

例えばアメリカドル円(USD/JPY)を1万通貨注文する場合、証拠金が4万円ほど必要になります。証拠金維持率は200%以上はキープすることも考慮に入れると、最低でも10万円は欲しいところです。

このように最小取引単位が1万通貨だと、まとまった資金が必要になるのです。

出来るだけ少ない資金でFXを始めたいなら、最小取引単位が1,000通貨のFX業者を利用しましょう。このサイトでは、そのような業者も紹介しています。

1,000通貨取引のFX業者はこちら

目次へ / 口座を使ってみる

 

デメリット2、スキャルピングと相性が悪い(アカウント凍結のリスクあり)

DMM FXの2つ目のデメリットは、スキャルピングと相性が悪いことです。

できないわけではないですが、ツールを使ってスキャルピングをするとアカウントを凍結される恐れがあります。

DMM FXはスプレッドが狭く、約定力も高いため、スキャルピングとは相性が良いはずなのですが、こうした理由から積極的にスキャルピングには利用できません。

ちなみにスキャルピングとは、1日に何十回も売買を繰り返し利益を出すFXトレード手法のことです。

ただ売買のたびに手数料が取られるため、利益を出しにくく、上級者向けの手法とされています。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXで口座開設する

 

DMM FXの口コミ・評判

ここまでDMM FXのメリットとデメリットを解説してきました。

ただ筆者1人の意見だと、どうしても商品をほめる方向に偏りがちです。

そこでここからは、第三者の意見を取り入れるべく、DMM FXの口コミを掲載することにしました。情報のソースは価格.comです。

目次へ / 口座を使ってみる

 

良い口コミ

DMM FXの良い口コミを以下の通りです。

  • DMMポイントがもらえる(現金化も可能)
  • ツールがシンプルで使いやすい
  • スプレッドが狭い
  • アプリが直感的に操作できる
  • トラブルによる損失が発生しにくい

DMM FXの評判の良いところは、ツールのUIがシンプルで使いやすく、動作も安定していることです。

また取引を繰り返すことにDMMのポイントが獲得でき、貯めたポイントはFXの資金として使うこともできます。

FXの取引回数多い人は、ぜひこのポイントサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

目次へ / 口座を使ってみる

 

悪い口コミ

DMM FXの悪い口コミは以下の通りです。

  • 複数デバイスでログインできない
  • チャートに登録できる通貨は4種類だけ

まずDMM FXでは複数のデバイスで同時にログインできません。なからパソコンの大画面を見ながら、スマホで操作するといった手法は取れないわけです。

またDMM FXの取引ツールでは、チャートに登録できる通貨は4種類だけです。

そのため1画面に表示できる情報量が少なく、たくさんの通貨を同時に扱う人とは相性が悪いです。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXで口座開設する

 

DMM FXのデモ取引

DMM FXではデモ取引で、実際の取引と同じような体験をすることができます。

デモ取引で実際のトレードがどんなものかを体感しておくことは良いことです。

ただ実際に自分のお金を使うわけではないので、危機感が薄くなりやすく、損切りなどの技術が身につきません。あくまで体験版だと割り切りましょう。

ここからはDMM FXのデモ取引で使えるツールを紹介します。

目次へ / 口座を使ってみる

 

デモ取引のツール

デモ取引で使えるツールは以下の3種類です。

  • DMM FX DEMO/STANDARD(初心者向け)
  • DMM FX DEMO/PLUS(上級者向け)
  • DMM FX VIRTUAL(スマホ向け)

目次へ / 口座を使ってみる

 

デモ取引の注意点

DMM FXのデモ取引で注意するべき点は以下の通りです。

  • デモ取引の経験は実際のトレードでは役に立たない
  • 3ヶ月使わなければ口座解約される
  • デモ取引を利用するにはメールアドレスが必要
  • デモ取引が使えるのはFXだけで、CFDでは使えない

特に気をつけるべき事は、デモ取引と実際の取引では勝手が違うということです。

デモ取引では実際のお金を使わないため大胆な注文もできますが、実際のFX取引ではそうした行為はリスキーです。

デモ取引の目的はあくまでFXを体験することです。実践的なトレード手法に関しては、実際のFX取引で身につけましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXの取引ツール

FX取引をするにあたって、取引ツールは重要です。取引ツールの性能が悪いと、チャートの分析もしにくくなります。

DMM FXで使える取引ツールは以下のとおりです。

  • DMM FX STANDARD
  • DMM FX PLUS
  • プレミアチャート
  • 取引通信簿
  • スマホアプリDMM FX
  • DMM FX for smart phone
  • モバイル版取引ツール(DMMFX for Mobile)

では、それぞれのツールを解説しましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FX STANDARD(パソコンブラウザ)

DMM FXのスタンダードとなるツールです。直観的で分かりやすい操作が可能となっており、初心者でも使いやすいです。

使い方も簡単で、ロット数を決めて、チャートが下がると思ったら青色の売りボタンを、上がると思ったら赤色のボタンを押すだけです。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FX PLUS(パソコンブラウザ)

DMM FXの上級者向けのツールです。1画面で表示できる情報量が多く、4種類のチャートを同時に表示させることもできます。

それ以外にもチャートにテクニカル指標をいくつか表示させることができ、より細かい分析も可能となります。

たとえば移動平均線だけでなく、一目均衡表やボリンジャーバンド、ピボットポイントなども表示できます。

目次へ / 口座を使ってみる

 

プレミアチャート(パソコンブラウザ)

プレミアチャートは、FX取引におけるテクニカル指標を利用できるサービスです。

29種類のテクニカル指標が用意されており、ご自身のトレード手法に合わせたチャートのカスタマイズが可能です。

目次へ / 口座を使ってみる

 

取引通信簿(パソコンブラウザ)

取引通信簿は、過去のFXの運用実績を知ることができるサービスです。

このツールはブラウザ内で利用することができ、Google ChromeやSafariであればMacOSにも対応しています。

売買した通貨ペアの比率や売り注文と買い注文の割合、月単位の収益なども知ることができ、FXの運用成績を知りたい人におすすめのツールです。

目次へ / 口座を使ってみる

 

スマホアプリDMM FX

スマホアプリDMM FXは、スマートフォンでDMM FXを利用できるアプリです。

iPhoneとAndroidに対応しており、アプリをダウンロードしておけば、いつでもFX取引ができるようになります。

ユーザーインターフェイスがシンプルで、直感的に操作しやすく、利用者の間でも使いやすいと評判です。

さらに移動平均線や一目均衡表などのテクニカル指標も表示でき、スマートフォンでもパソコン並みのチャート分析が可能となります。

そして重要な経済指標などをアラートしてくれる仕組みもあるため、外出中でも変動前に自分の資金を決済して、避難させられます。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FX for smart phone(スマホブラウザ)

DMM FXは、アプリだけでなくウェブブラウザでも利用できます。

スマホアプリと比べるとできることは限られますが、それでもテクニカル指標の表示などは可能です。

目次へ / 口座を使ってみる

 

モバイル版取引ツール(DMMFX for Mobile)

DMM FXは、なんとガラケーでも利用できます。その場合はアプリではなく、携帯専用のウェブブラウザからアクセスします。

利用できる機能は必要最小限ですが、それでも移動平均線などを表示できます。

訳ありでガラケーを使っている人、もしくは携帯の通信費を抑えたい人はこのツールを使ってみましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXのポイントシステム

DMM FXではFX取引を繰り返すことでFXポイントが貯めることができ、貯めたポイントはFXの証拠金として利用できます。

ここからはそのポイントの仕組みを解説します。

目次へ / 口座を使ってみる

 

ポイントランクアップ

DMM FXのポイントシステムではランクが存在し、ゴールド、シルバー、ブロンズのランクに分かれています。

  • ブロンズ:ポイント1倍
  • シルバー:ポイント最大2倍
  • ゴールド:ポイント最大3倍

ランクは取引を繰り返すことに上がっていき、上のランクなら得られるポイントも増えていきます。

ランクは取引回数に依存するため、スキャルピングなど取引回数の多いスタイルのトレーダーだとランクが上がりやすいです。

DMM FXの取引応援ポイントサービスについて

目次へ / 口座を使ってみる

 

ポイントの貯まりやすい通貨ペア

DMM FXのポイントは、スプレッドの高いマイナーな通貨ほど貯まりやすいです。

例えばブロンズランクの場合、日本やUSドルが含まれる通過では1回の取引で1ポイントしか得られません。

しかしスターリングポンド(GBP)やニュージーランドドル(NZD)などでは、1回の取引で2ポイントもらえます。

ただしこれらのマイナーな通貨はスプレッドが高いため、やみくもに取引を繰り返しても手数料を多く取られるだけで終わります。

よってDMM FXのポイントサービスは、マイナー通貨でも安定した利益の出せる上級者向けのサービスだといえます。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXのポイントの注意点

DMM FXのポイントの仕組みは難しいですが、その中でも注意するべき事は以下の4つです。

  • ポイントの有効期限は1年間
  • 利用は最低1,000ポイントから
  • ポイントは1ロット取引ごとに付与される
  • CFDのポイントと統合できない

特にポイントの有効期限は1年しか持たないため、交換できるポイント数に達したら、出来るだけ早く交換しましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXのロスカット条件は、証拠金維持率50%以下

DMM FXでは、証拠金維持率が50パーセント以下になるとロスカットが発生します。

ロスカットとは、利用者の損失の拡大を防ぐために、FX業者側が強制的に決済を行うことです。

ロスカットが発生すると、注文したポジションが維持できなくなり、含み損を抱えられなくなります。含み損を耐えきれば出せるはずだった利益もなくなるため、FXトレーダーならロスカットは絶対に避けるべきです。

ロスカットが発生しないよう、証拠金維持率は最低でも200%以上はキープしましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

証拠金維持率100%未満で、追加の資金が必要に(追加証拠金制度)

追加証拠金制度は、DMM FXで証拠金維持率が100%を下回ると、追加の証拠金を求められる仕組みのことです。

証拠金維持率100%以下は資金的に危ない状態なので、含み損を抱えられるだけの資金流入を促すわけですね。ユーザーの資金を守る点では、ロスカットと似たような処置です。

ちなみに証拠金維持率が100%以下のままだと、新規の取引ができなくなり、出金予約もできなくなります。

どうしてもお金が必要で出金したいなら、ポジションを決済してからにしましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXの通貨ペア:20種類

DMM FXの通貨ペアは20種類です。他のFX業者の平均も20種類ほどなので、平均レベルです。

マイナー通貨として、南アフリカランドは使えますが、トリコリラ・メキシコペソは使えません。そのためスワップ取引で利益を出しやすい通貨ペアは限られます。

通貨ペアの多いFX業者はこちら

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXのスプレッド:狭い

DMM FXの主要通貨スプレッドは以下の通り。

  • USD/JPY:0.3銭
  • EUR/JPY:0.5銭
  • GBP/JPY:1.0銭
  • AUD/JPY:0.7銭
  • EUR/USD:0.4銭

どの通貨ペアもスプレッドが狭く、約定率も高いため、スキャルピングトレードと相性がいいです。

スプレッドが狭いFX業者はこちら

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXのスワップポイント:良い

DMM FXの主要通貨スワップポイントは以下の通り。

  • USD/JPY(ドル/円):買い66円、売り-66円
  • EUR/JPY(ユーロ/円):買い-1円、売り1円
  • GBP/JPY(ポンド/円):買い29円、売り-29円
  • AUD/JPY(豪ドル/円):買い28円、売り-28円

高金利通貨ペアのスワップポイントは以下のとおりです。

  • ZAR/JPY(ランド/円):買い12円、売り-12円
  • TRY/JPY(トルコリラ/円):なし
  • MXN/JPY(メキシコペソ/円):なし

買いと売りのスワップポイントがほぼ同じなのは、スワップポイントが優秀な証拠です。実際、DMM FXはスワップ取引向けのFX業者としても人気がありますから。

高いレベルでバランスの取れたスプレッド、スワップポイント、約定率こそが、DMM FXの強みです。

スワップポイントが優秀なFX業者はこちら

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXの口座開設と審査について

DMM FXを利用するには、審査に通過する必要があります。

FXは資産がほとんどない人が使うにはリスクが高すぎますからね。

目次へ / 口座を使ってみる

 

審査は本人確認書類が必要

DMM FXで審査を受けるには、本人確認書類を提出する必要があります。個人で手軽に提出できそうな書類は以下の通りです。

  • マイナンバー個人カード(1枚でOK)
  • マイナンバー通知カード(顔写真も必要)
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

提出作業が一番楽なのは、マイナンバーカードです。顔写真もついており、これ一枚で個人の証明ができます。

運転免許証も顔写真がついているのですが、今はFXで口座を作るときにマイナンバーが必須になっています。そのためマイナンバー通知カードも一緒に提出しないといけません。

FX口座を開設するにあたって、どの本人確認書類が必要かは少しわかりにくいです。詳しくは公式の「本人確認書類について」をご覧ください。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXの取引時間(平日は24時間、土日はお休み)

DMM FXは基本的に平日であれば24時間利用できます。

土日は市場が空いていないため利用できませんが、祝日であれば問題なくFXを利用できます。FXは世界中で取引されているため、日本の祝日は関係ないからです。

専業のトレーダーになると土日は暇になるので、ブログやアフィリエイト、クラウドソーシングなどで種銭を稼ぐのもいいでしょう。

取引時間を確認する

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXのレバレッジは25倍固定。変更はできない

DMM FXのレバレッジは25倍で固定されており、変更はできません。

低レバレッジで取引をしたいなら、YJFX(外貨ex)ライブスター証券で口座を開設しましょう。YJFX(外貨ex)なら10倍、ライブスター証券なら5倍、10倍に設定できます。

ただし、レバレッジを低くすると、必要な証拠金も増えてしまいます。数百万円くらいの資金を用意できるなら、低レバレッジ取引をしても問題ないでしょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXの入金について

DMM FXには以下の2つの入金方法があります。

  • クイック入金(手数料無料で、反映が早い)
  • 振込入金

それぞれの入金方法を解説しますね。

目次へ / 口座を使ってみる

 

クイック入金(手数料無料)

クイック入金では、DMM FXの取引画面から入金を行います。

コンビニや銀行のATMに直接出向くことなく、パソコンやスマホで入金を済ませられるのは便利ですね。

しかもクイック入金の場合は入金手数料も無料になるため、入金するごとに100円、200円の手数料を取られることもありません。振込入金と比べてもお得です。

時間とお金を節約したいなら、ぜひクイック入金を利用しましょう。

クイック入金に対応している銀行に関しては、提携銀行一覧のPDFファイルをご覧ください。

目次へ / 口座を使ってみる

 

振込入金(手数料有料)

振込入金では、ATMや銀行の窓口で入金手続きを行います。

DMM FX側で入金処理が反映されるまで時間がかかるため、すぐに取引をしたい人にはおすすめできません。

またFX口座に入金するときに、入金手数料がかかりますし、ATMや銀行窓口に行くまでの労力もかかります。

自分のお金をインターネットで動かすのが怖いという方は、振込入金を利用しましょう。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXの出金について

FXで稼いだお金を実際に使うには、FX口座から銀行口座に出金する必要があります。FX口座のお金はFX取引でしか使えませんからね。

ここからはDMM FXの出金方法、手数料、反映時間などを解説します。

目次へ / 口座を使ってみる

 

出金方法

出金手続きの方法としては、DMM FXの取引ツールから出金予約を行います。

出金予約はパソコンの取引ツールだけでなく、スマホの取引ツールでも行えます。

目次へ / 口座を使ってみる

 

出金手数料

DMM FXの出金手数料は無料です。

ちなみに他のほとんどのFX業者も出金手数料は無料です。

目次へ / 口座を使ってみる

 

出金にかかる時間は1日から3日

DMM FXでは、銀行営業日の15時までに出金予約をした場合、その翌日の銀行営業日に出金がされます。

銀行営業日の15時以降に出勤予約をした場合、その翌々日の銀行営業日に出金処理がされます。

基本的に出金処理が反映されるのは、銀行が開いている時間だけです。そのため土日などには出金ができないのでご注意ください。

目次へ / 口座を使ってみる

 

出金できる金額の上限・下限

DMM FXで出金できる金額に上限はありません。

100万円でも1,000万円でも好きなだけ金額を出金できます。

ただし出金金額に下限はあります。最低出金金額は2,000円以上です。

また口座を解約する場合は、2,000円以下でも出金できます。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXの退会・解約方法

DMM FXの解約は「お問い合わせフォーム」から行います。

アクセス先のページから「口座解約について」を選択し、解約手続きを行いましょう。

まだ口座を解約する前には、口座の中の資金を0円にしておく必要があります。

目次へ / 口座を使ってみる

 

DMM FXはこんな人におすすめ!

DMM FXは以下のような人に適しています。

  • FX初心者(ツールが操作しやすく、サポートも充実)
  • 安定した取引をしたい人(スリッページが起こりにくいため)
  • 取引回数が多い人(取引回数に応じてポイントがもらえる)

DMM FXはFX業者の中でもかなり知名度が高く、利用者も多いです。

FX業者として相応の利益も出していますし、サポートも充実しているので、わからないことがあれば気軽に質問できます。

特にFXは専門用語が多く、システム内容が複雑なので、初心者には分からないことだらけのはずです。サポートの充実したDMM FXは初心者には心強いでしょう。

DMM FXで口座開設する

 

FX業者のことはFX比較論におまかせ!(簡易サイトマップ)

当サイト「FX比較論」では、FX業者のメリット・デメリットを解説しています。

おすすめはこちらの5社ですね。

それ以外のFX業者の記事も書いています。

ジャンル別のおすすめも紹介しています。

FX業者を全体的に比較したいなら、トップページを読みましょう。

タイトルとURLをコピーしました