国内FX業者

国内FX業者

【マイナー通貨で収益化!】通貨ペア種類の多いFX業者のおすすめランキング

この記事では、通貨ペアの種類が多いFX業者を紹介しています。通貨ペアの種類が多いと、マイナー通貨で遊べるようになるため、収益化のチャンスが広がります。その代わり、変動で大損するリスクも高め。ここで紹介している中なら、OANDA Japanが一番おすすめです。通貨ペアが71種類と多く、スプレッド・約定率も優秀なためです。
国内FX業者

【4,000円でFXデビュー!】最小取引単位が1,000通貨以下のおすすめFX業者を比較

この記事では、1,000通貨取引ができるFX業者を紹介しています。1,000通貨取引のメリットは、4,000円からFXに挑戦できること、そして少額でFXの実戦経験を積めることです。この中なら、みんなのFXが一番おすすめです。スプレッドとスワップポイントが優秀で、しかも自動売買もできますから。
国内FX業者

【スワップ取引の収益アップ!】スワップポイントの高いおすすめFX業者を通貨ごとに比較

この記事では、スワップポイントの優れたFX業者を紹介しています。記事を読むことで、スワップ取引で利益を出しやすくなるはずです。おすすめはいろいろありますが、迷ったらDMM FX、GMOクリック証券、外為ジャパンFX、SBI FXトレードのいずれかを選びましょう。どれもスワップポイントだけでなく、スプレッドと約定率が優秀です。
国内FX業者

【スキャルピングの収益アップ!】スプレッドの狭いおすすめFX業者を通貨ごとに比較

この記事では、スプレッドの狭いFX業者を紹介しています。通貨ごとにおすすめの業者は異なるため、マイナー通貨を扱う人も必見です。いろいろややこしくて選べないなら、SBI FXトレード、DMM FX、GMOクリック証券、みんなのFXがおすすめです。どれもスプレッドだけでなく、スワップポイントや約定率も優秀ですから。
国内FX業者

【MT4で自動売買のコストゼロ!】取引ツール「MT4」が使えるおすすめ国内FX業者を紹介します!

この記事では、MT4対応のFX業者、そしてMT4のメリットとデメリットを解説しています。MT4の強みは、テクニカル指標の種類が多く、自動売買のコストがゼロであることです。MT4対応のFX業者でおすすめなのは、OANDA Japanとデューカスコピー・ジャパンです。詳しくは記事をどうぞ。
国内FX業者

【手数料をわかりやすく比較!】自動売買・システムトレード(シストレ)対応FX業者を比較

この記事では、FX自動売買ツールの手数料、追加スプレッド、通貨ペアなどを比較しています。最近は自動売買ツールも乱立ぎみなので、選ぶ基準を持つことが大切です。おすすめはマネーパートナーズの「HyperSpeed NEXT」、FXプライムの「ちょいトレFX」、ひまわりFXの「ループ・イフダン」です。どれも手数料が安め。
国内FX業者

【自動売買トラリピが優秀!】マネースクエア(M2J)のメリット・デメリット・評判・口コミまとめ

マネースクエアの特徴は、自動売買「トラリピ」を利用できること。トラリピは利益の出しにくいレンジ相場で力を発揮します。また取引ではポイントを貯めることができ、貯めたポイントはAmazonポイントや楽天ポイントと交換できます。ただし元々のスプレッドは広いため、裁量トレードは避けましょう。詳しくは記事をどうぞ。
国内FX業者

【MT4で自動売買ができる!】楽天FX(楽天証券)のメリット・デメリット・評判・口コミまとめ

楽天FXの特徴は、楽天銀行・楽天カードと相性がいいこと、そして取引ツールに「MT4」を利用できることです。スプレッドもUSD/JPY0.3銭と狭く、最小取引単位は1,000通貨からです。ただし約定率はあまり高くなく、スプレッドが広がりやすいのが欠点。詳しくは記事をどうぞ。
国内FX業者

【スプレッド・スワップポイントが優秀!】みんなのFXのメリット・デメリット・評判・口コミまとめ

みんなのFXの特徴は、自動売買「みんなのシストレ」とバイナリーオプション「みんなのオプション」が利用できること。さらにスプレッドがUSD/JPY0.3銭と狭く、スワップポイントも優秀で、1,000通貨取引にも対応しており、FX業者として総合度が高いです。詳しくは記事をどうぞ。
国内FX業者

【自動売買の手数料が無料!】ひまわり証券FXのメリット・デメリット・評判・口コミまとめ

ひまわりFXの特徴は、自動売買ツール「ループ・イフダン」が使えること。取引手数料が無料なので、自動売買のコストを安く抑えられます。また学習コンテンツの「アカデミーチョイス」では、FXを動画で楽しく学べます。ただしスプレッドはUSD/JPY1.0銭と広く、スキャルピングには不向き。詳しくは記事をどうぞ。