【4,000円でFXデビュー!】最小取引単位が1,000通貨以下のおすすめFX業者を比較

スポンサーリンク

FXを始めるにあたって資金の少ない人は、まず1,000通貨取引から始めた方がいいです。その理由は、必要な証拠金が4,000円になり、FXの参入ハードルが下がるからです。

ただ最近は1,000通貨取引ができるFX業者が増えており、どれが良いのかわかりにくいかと思います。

そこでこの記事では、1,000通貨取引ができるおすすめのFX業者を紹介しています。

それ以外にも、1,000通貨取引するメリット・デメリット、必要な証拠金、1,000通貨以外にFX業者を決めるポイントなども解説しています。

記事はかなりの長文になりますので、見出しから読みたい箇所をピックアップして読んでください。

まずは1,000通貨取引のメリットから解説しましょう。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

FXを1,000通貨で始めるメリット

1,000通貨取引でFXを始めるメリットは以下の通り。

  1. 少ない資金から始められる(証拠金は1枚4,000円から)
  2. デモトレードの代わりになる
  3. 損失を小さく抑えられる(アメリカドル円なら1pips=10円の損失)

それぞれのメリットを軽く解説しますね。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

メリット1、少ない資金から始められる(証拠金は1枚4,000円から)

FXを1,000通貨で始める最大のメリットは、少ない資金からFXを始められること。FXはレバレッジを使うことで、少ない資金でも大きな資金を動かせるようになります。

例えばアメリカドル円を1ロット注文する場合、1万通貨取引だと4万円の証拠金が必要になります。これが1,000通貨取引であれば、必要な証拠金は4,000円です。

もちろん本当に4,000円だけを突っ込むと、証拠金維持率がギリギリになってロスカットされてしまいます。資金に余裕を持たせるなら、1万円は必要でしょう。

それでも、お小遣い程度の金額でFXを体験できるのは、意義のあることです。少ない資金でFXを始めるなら、まずは1,000通貨から挑戦しましょう。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

メリット2、デモトレードの代わりになる

一部のFX業者は、デモトレードを用意していないことがあります。デモトレードをせずにいきなり本番に多額の資金を突っ込むのは、非常にリスキーです。

ただそのFX業者は1,000通貨に対応していれば、デモトレードの代わりに小額の資金でFXトレードができます。

それにデモトレードとは違って実際に自分のお金を使うため、FXトレードに緊張感が生まれます。取引で失敗すれば、実際に自分のお金が減るのですから当然ですね。

むしろ自分のお金を使わないデモトレードのほうが、FXで金銭感覚が麻痺するリスクがあります。FXを始める際は、まず小額の資金から試すことをおすすめします。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

メリット3、損失を小さく抑えられる(アメリカドル円なら1pips=10円の損失)

FXで収益を安定させるなら、損失が大きくなった時に損切りすることが求められます。目安としてはデイトレードなら20 pips、スイングトレードなら60 pipsでしょうか。

アメリカドル円で1万通貨取引をした場合、20 pipsの損切りで2,000円損することになります。

ただこれが1,000通貨取引なら、損失は200円です。200円の損失で正しく損切りができれば、十分な戦果です。

FXをはじめたての頃は、何回も損切りをしてお金を大量に失うことになります。それでも1,000通貨取引なら、その損失も10分の1に抑えられます。

したがってFXで経験を積むためにたくさん損切りをするのなら、まずは1,000通貨から始めることをおすすめします。

では次は、1,000通貨取引のデメリットを見ていきましょう。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

FXを1,000通貨で始めるデメリット

1,000通貨取引のデメリットは以下の通り。

  1. 大手FX業者が対応していない(DMM FX、GMOクリック証券など)
  2. FX業者によっては手数料が発生することも(FXプライムなど)
  3. 時間当たりの収益が低い

では、それぞれのデメリットを解説します。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

デメリット1、大手FX業者が対応していない(DMM FX、GMOクリック証券など)

まずDMM FXGMOクリック証券などの大手は、1,000通貨取引に対応していないことが多いです。

1,000通貨取引だと得られる手数料も少なくなるんですよね。だから利用者が多くて、広告費をたくさんかけている大手FX業者にとって、1,000通貨取引は魅力的ではないのです。

DMM FXとGMOクリック証券は、FX初心者におすすめのFX業者です。取引ツールが使いやすく、スプレッドも狭く、サポートも充実しているからです。

もしこれらのFX業者を使うのであれば、1,000通貨取引をあきらめて、1万通貨取引を行うことになります。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

デメリット2、FX業者によっては手数料が発生することも(FXプライムなど)

さらに一部のFX業者では、1万通貨未満の取引だと、スプレッドとは別の手数料が取られることがあります。

たとえばFXプライムだと、1万通貨未満の取引で1通貨3銭の手数料が発生します。1,000通貨取引なら、30円余分に手数料が発生するわけです。

ただ最近はFX業者も競争が激しくなっているため、1万通貨未満の取引でも手数料が無料のところが増えています。

手数料の下調べをきちんとしておけば、このデメリットは大した問題ではありません。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

デメリット3、時間当たりの収益性が低い

1,000通貨取引では、1万通貨取引と比べて損失が10分の1に抑えられますが、得られる利益も10分の1になります。だからあまりFXトレードに時間をかけても、わずかなお金しか稼げません。

例えば1万通貨取引で20 pips稼いだとするとすると、得られる利益は2,000円ほどです。しかしこれが1,000通貨だと、収益はたったの200円になります。

だから1,000通貨取引で利益を得ても、時間あたりのコスパが悪いということです。

同じ20 pipsを稼ぐにしても、1万通貨なら2,000円、10万通貨なら2万円、100万通貨なら20万円の利益が得られます。FXでは動かすお金が大きいほど、たくさん稼げるのです。

だから1,000通貨取引はあくまでFXに慣れるために使うべきであって、まともに収益を出したいのなら1万通貨取引に移行すべきです。

デメリットがわかったところで、次は1,000通貨取引に必要な証拠金を解説します。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

1,000通貨取引をするのに必要な証拠金目安

1,000通貨取引に必要な証拠金の目安は以下の通り。

情報ソースはFXプライムの「必要保証金一覧」です。

  • USD/JPY(ドル/円):4,400円
  • EUR/JPY(ユーロ/円):5,000円
  • GBP/JPY(ポンド/円):5,800円
  • AUD/JPY(豪ドル/円):3,100円

この中ならUSD/JPYが鉄板です。通貨量が多く、値動きが安定していますからね。

 

スワップ取引向けのマイナー通貨の証拠金は以下の通り。

  • ZAR/JPY(ランド/円):300円
  • TRY/JPY(トルコリラ/円):830円
  • MXN/JPY(メキシコペソ/円):230円

ただFX業者側は、トレーダーが1,000通貨取引をしても、手数料をまともに稼げません。そのためマイナー通貨は10万通貨取引等でないと利用できないケースも多いです。

また、資金が少ないうちはマイナー通貨を触らない方がいいです。マイナー通貨は変動が激しいため、少ない資金では含み損を抱えられないからです。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

1,000通貨以外にこだわるべき要素はこの3つ!

ここまで1,000通貨取引のメリット、デメリット、そして必要な証拠金を解説しました。

ただ1,000通貨取引で利益を出したいなら、以下の3要素も重視すべきです。

  1. スプレッドが狭い
  2. スワップポイントが優秀
  3. 約定率が高い

良いFX業者はこれら3要素を満たしているものです。

では、それぞれの要素を簡単に解説しましょう。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

ポイント1、スプレッドが狭い

スプレッドは、1回の取引ごとにFX業者に支払う手数料です。これが狭ければ狭いほど、トレーダーの得られる利益は大きくなります。

FX業者を選ぶときは、なるべくスプレッドの狭い業者を選びましょう。これは1,000通貨取引でも、1万通貨取引でも同じことです。

1万通貨取引に移行したときや、10ロット以上の注文をするとき、スプレッドが広いと、手数料をたくさん取られてしまいます。

だから少しでもスプレッドの狭いFX業者を選ぶことを優先しましょう。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

ポイント2、スワップポイントが優秀

スワップポイントは、通貨ペアを保有したときに得られる金利の差です。

通貨ペアの金利差が高いほど、ポジションの保有期間が長期になるほど、スワップポイントは大きくなります。そしてスワップ取引をするときは、スワップポイントが優秀なFX業者を選ぶことが重要です。

スワップ取引をしないとしても、マイナスのスワップポイントの低いFX業者を選びましょう。スイングトレードなどで、ポジションを数日間も保有すると、マイナスのスワップポイントが大きなコストになるからです。

取引コストの高いFX業者は、マイナスのスワップポイントが高い傾向が強いです。だからFXでスイングトレードをするときは、なるべくスワップポイントが優秀なFX業者を選びましょう。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

ポイント3、約定率が高い

約定率は、提示されたスプレッドできちんと取引できる確率のことです。約定率が高いほど、注文がすべりにくくなり、トレードが安定します。

約定率は正式に公表していないところが多いです。ただ大手のFX業者であればサーバーが安定しているため、約定率が高い傾向があります。

FXトレードで安定した利益を出したいなら、約定率の高いFX業者を選びましょう。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

最小取引単位1,000通貨未満のおすすめFX業者ランキングベスト3

1,000通貨取引のできるFX業者を選ぶときは、スプレッド、スワップポイント、約定率にもこだわるべきです。

では、それら3要素を満たしたFX業者は存在するのでしょうか?

ここからは最小取引単位1,000通貨で優秀なFX業者をランキング形式で紹介します。

おすすめは以下の3社です!

  1. みんなのFX
  2. 外為ジャパン
  3. LIGHT FX

では、それぞれのFX業者を順に解説します。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

1位:みんなのFX

みんなのFXは、私の知りうる限り最もおすすめなFX業者です。DMM FXやGMOクリック証券に知名度は劣りますが、FX業者としての総合度は高いです。

1,000通貨取引ができるのはもちろんのこと、スプレッドは最安値クラスで、スワップポイントも優秀です。

さらに自動売買ツール「みんなのシストレ」、バイナリーオプション「みんなのオプション」なども利用できます。

FX業者がたくさんありすぎて迷ってしまったら、とりあえずみんなのFXを選ぶのが無難です。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.3銭、EUR/JPY0.4銭、GBP/JPY0.9銭、AUD/JPY0.6銭
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:20種類
  • スワップポイント:良い
  • デモトレード:なし
  • 自動売買:あり(みんなのシストレ)
  • クイック入金対応:340行

▷ みんなのFXの記事へ / 目次へ

 

2位:外為ジャパン

外為ジャパンは、DMM証券が運営しているFX業者です。そのためと取引ツールがDMM FXと似ており、初心者には使いやすいです。

またDMM FXは1万通貨取引なのに対し、外為ジャパンは1,000通貨から取引可能です。そのため少ない資金でFXをしたいなら、外為ジャパンFXがおすすめです。

スプレッドは最安値クラスで、スワップポイントも優秀で、FX業者の中では優等生です。ただしデモトレードと自動売買は使えません。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.3銭、EUR/JPY0.5銭、GBP/JPY1.0銭、AUD/JPY0.7銭
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:15種類
  • スワップポイント:良い
  • デモトレード:なし
  • 自動売買:なし
  • クイック入金対応:380行

▷ 外為ジャパンの記事へ / 目次へ

 

3位:LIGHT FX

LIGHT FXも最近でてきた中では優秀なFX業者です。スプレッドは最安値クラスで、スワップポイントも優秀で、利益も安定しやすいためです。

ただしFXのサービスは必要最低限で、学習コンテンツやデモトレード、自動売買などは利用できません。

それでもFX業者に必要最低限の機能しか求めないなら、LIGHT FXは有力候補となりえます。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.3銭、EUR/JPY0.4銭、GBP/JPY0.9銭、AUD/JPY0.6銭
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:20種類
  • スワップポイント:良い
  • デモトレード:なし
  • 自動売買:なし
  • クイック入金対応:340行

▷ LIGHT FXの記事へ / 目次へ

 

その他の最小取引単位1,000通貨未満のFX業者

ここまで1,000通貨取引ができるおすすめのFX業者を解説しました。

ただそれ以外にも100通貨で取引をしたいとか、MT4で取引したいといったニーズもあるでしょう。

ここからはベスト3以外で1,000通貨取引対応のFX業者を解説します。

おすすめFX業者へ / 目次へ

 

EZインベスト証券

EZインベスト証券は、海外の有名なFX取引ツール「MT4」が利用できます。

さらに口座開設で、MT4の自動売買プログラム「エキスパートアドバイザー(EA)」がプレゼントされます。MT4で自動売買をやってみたい人にはおすすめです。

ただしスプレッドは若干広めで、スワップポイントもあまりよくないです。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:非公開(USD/JPY0.6銭か?)
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:31種類
  • スワップポイント:よくない
  • デモトレード:あり
  • 自動売買:あり(MT4)
  • クイック入金対応:380行

▷ EZインベスト証券の記事へ / 目次へ

 

FXプライム

FXプライムの特徴は、約定率が100%であること、そして自動売買「ちょいトレFX」が使えることです。

ただしスプレッドは若干広めで、1万通貨未満の取引だと1通貨3銭の手数料が発生します。したがってスキャルピングトレードとは相性が悪いですね。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.6銭、EUR/JPY0.9銭、GBP/JPY1.8銭、AUD/JPY1.3銭
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:20種類
  • スワップポイント:よくない
  • デモトレード:あり
  • 自動売買:あり(ちょいトレFX)
  • クイック入金対応:10行

▷ FXプライムの記事へ / 目次へ

 

FXブロードネット

FXブロードネットの特徴は、自動売買ツール「トラッキングトレード」が使えることです。ただし自動売買のコストは1万通貨あたり400円と高め。

またくりっく365も利用できるため、FXで大きく稼いでも税制優遇を受けられます。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.3銭、EUR/JPY0.5銭、GBP/JPY1.0銭、AUD/JPY0.6銭
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:24種類
  • スワップポイント:良い
  • デモトレード:あり
  • 自動売買:あり(トラッキングトレード)
  • クイック入金対応:8行

▷ FXブロードネットの記事へ / 目次へ

 

OANDA Japan

OANDA Japanの特徴は、海外の有名なFX取引ツール「MT4」と「TradingView」を利用できること。

TradingViewは、Mac OSやスマホブラウザでも利用できる便利なFX取引ツールです。

またスプレッドは最安値クラスで、約定率も高く、通貨ペアも71種類と多いです。MT4が利用できるFX業者の中では、一番おすすめ度が高いです。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.3銭、EUR/JPY0.4銭、GBP/JPY0.8銭、AUD/JPY0.6銭
  • 最小取引単位:1通貨(MT4の場合、1,000通貨)
  • 通貨ペア:71種類
  • スワップポイント:よくない
  • デモトレード:あり
  • 自動売買:あり(MT4/REST API)
  • クイック入金対応:7行

▷ OANDA Japanの記事へ / 目次へ

 

SBI FXトレード

SBI FXトレードの特徴は、スプレッドが非常に狭いこと。特に1万通貨未満の取引だと、アメリカドル円のスプレッドは0.27銭になります。

スプレッドとスワップポイントが優秀で、クイック入金に対応している金融機関も多く、初心者におすすめしやすいFX業者です。

ただし取引ツールが少し使いにくく、自動売買には対応していません。ツールの使いやすさを重視するなら、DMM FXあたりがいいですね。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.27銭、EUR/JPY0.39銭、GBP/JPY0.89銭、AUD/JPY0.59銭
  • 最小取引単位:1通貨
  • 通貨ペア:26種類
  • スワップポイント:良い
  • デモトレード:なし
  • 自動売買:なし(積立FXは可能)
  • クイック入金対応:380行

▷ SBI FXトレードの記事へ / 目次へ

 

YJFX(外貨ex)

YJFX(外貨ex)の特徴は、FX取引でTポイントが貯められること。貯めたポイントはヤフーショッピングなどで使えます。

また学習コンテンツも豊富で、動画で楽しくFXの基礎知識を学べます。

スプレッド最安値クラスなので、取引回数の多いトレードで利益を出しやすいです。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.3銭、EUR/JPY0.5銭、GBP/JPY0.89銭、AUD/JPY0.7銭
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:23種類
  • スワップポイント:普通
  • デモトレード:あり
  • 自動売買:なし
  • クイック入金対応:9行

▷ YJFX(外貨ex)の記事へ / 目次へ

 

セントラル短資FX

セントラル短資FXの特徴は、自動売買ツール「セントラルミラートレーダー」が利用できること。

セントラルミラートレーダーは、取引手数料が無料で、追加のスプレッドも狭いです。(USD/JPY2.0銭)そのため自動売買のコストが他の業者よりも低め。

また外貨両替に対応しているほか、レジャー施設を格安になる「クラブオフ」も利用できます。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.3銭、EUR/JPY0.5銭、GBP/JPY1.2銭、AUD/JPY0.8銭
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:25種類
  • スワップポイント:よくない
  • デモトレード:あり
  • 自動売買:あり(セントラルミラートレーダー)
  • クイック入金対応:11行

▷ セントラル短資FXの記事へ / 目次へ

 

デューカスコピー・ジャパン

デューカスコピー・ジャパンの特徴は、海外で有名なFX取引ツール「MT4」と「JForex」を利用できること。特にJForexはMac OS対応です。

スプレッドが最安値クラスで、通貨ペアの種類も多く、JForexでは板情報の確認などもできます。板情報とは、買いと売りの注文数を見られる表のこと。

ただしデメリットとして、100万円の取引1回ごとに25円の手数料がします。(MT4の場合は35円)そのためスキャルピングとは相性が悪いですね。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.3銭、EUR/JPY0.5銭、GBP/JPY1.2銭、AUD/JPY0.5銭
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:48種類
  • スワップポイント:よくない
  • デモトレード:あり(JForex/MT4)
  • 自動売買:あり(JForex/MT4)
  • クイック入金対応:6行

▷ デューカスコピー・ジャパンの記事へ / 目次へ

 

ヒロセ通商(LION FX)

ヒロセ通商(LION FX)の特徴は、キャンペーンで豪華な食品をもらえたり、キャッシュバックを受けたりできることです。

スプレッドは狭く、通貨ペアの種類も多いのですが、約定率とスワップポイントの評判がよくないです。

FX取引をするついでに黒毛和牛などもゲットしたいなら、ヒロセ通商を選びましょう。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.3銭、EUR/JPY0.5銭、GBP/JPY1.0銭、AUD/JPY0.7銭
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:50種類
  • スワップポイント:よくない
  • デモトレード:あり
  • 自動売買:なし
  • クイック入金対応:380行

▷ ヒロセ通商(LION FX)の記事へ / 目次へ

 

マネースクエア

マネースクエアの特徴は、自動売買ツール「トラリピ」を利用できること。トラリピを上手く活用することで、レンジ相場でも利益を出しやすくなります。

ほかにもFX取引でポイントを貯めることができ、貯めたポイントはAmazonポイントや楽天ポイントと交換できます。

ただし非公開のスプレッドはかなり広めで、裁量トレードにはおすすめできないです。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:非公開(USD/JPY4.0銭か?)
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:11種類
  • スワップポイント:よくない
  • デモトレード:なし
  • 自動売買:あり(トラリピ)
  • クイック入金対応:10行

▷ マネースクエアの記事へ / 目次へ

 

マネーパートナーズ

マネーパートナーズの特徴は、約定率が100%であること。約定率が高いと、スリッページが発生しなくなり、取引が安定します。

マネーパートナーズの取引単位は1万通貨ですが、マネパFX nanoなら100通貨から取引ができます。必要な証拠金はたったの400円。練習には最適です。

さらに空港での外貨受け取りサービスに対応しているほか、取引ツール「Hyper Speed NEXT」では自動売買ができます。しかも手数料無料、追加スプレッドなしで。

ツールが使いにくいのが欠点ですが、自動売買のコストを安く抑えたい人におすすめです。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.3銭、EUR/JPY0.4銭、GBP/JPY0.9銭、AUD/JPY0.6銭
  • 最小取引単位:100通貨(マネパFXは10,000通貨)
  • 通貨ペア:20種類
  • スワップポイント:良い
  • デモトレード:なし
  • 自動売買:あり(HyperSpeed NEXT)
  • クイック入金対応:8行

▷ マネーパートナーズの記事へ / 目次へ

 

外為オンライン

外為オンラインの特徴は、自動売買ツール「iサイクル注文」が利用できること。

そのほかにも情報コンテンツに豊富で、税制優遇措置のある「くりっく365」を利用できます。

ただしスプレッドはかなり広めなので、取引回数の多いスキャルピングトレードとは相性が悪いです。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY1.0銭、EUR/JPY2.0銭、GBP/JPY3.0銭、AUD/JPY3.0銭
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:24種類
  • スワップポイント:よくない
  • デモトレード:あり
  • 自動売買:あり(iサイクル注文)
  • クイック入金対応:11行

▷ 外為オンラインの記事へ / 目次へ

 

楽天FX(楽天証券)

楽天FXの特徴は、有名なFX取引ツールをカスタマイズした「楽天MT4」を利用できること。もちろんエキスパートアドバイザー(EA)による自動売買も対応しています。

スプレッドも最安値クラスで、レバレッジやロスカットを細かく調整できるのも大きな魅力です。

ただし変動時にスプレッドが広がりやすく、それが原因で行政処分を受けたこともあります。少し安定性に欠けるということですね。

基本情報は以下のとおり。

  • スプレッド:USD/JPY0.3銭、EUR/JPY0.5銭、GBP/JPY1.0銭、AUD/JPY0.7銭
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 通貨ペア:26種類
  • スワップポイント:よくない
  • デモトレード:あり
  • 自動売買:あり(楽天MT4)
  • クイック入金対応:12行

▷ 楽天FXの記事へ / 目次へ

 

1,000通貨取引におすすめなのは、この3社!

1,000通貨取引ができるFX業者を選ぶ場合、スプレッド、スワップポイント、約定率もこだわるべきです。

そして以下のFX業者3社はその3つの要素を満たしています。

  1. みんなのFX
  2. 外為ジャパン
  3. LIGHT FX

どれも取引ツールが使いやすく、取引コストも低い優秀なFX業者です。

迷ったらとりあえずみんなのFXを選びましょう。スプレッド、スワップポイント、約定率が優秀なことに加えて、自動売買やバイナリーオプションもできます。

おすすめFX業者へ / 目次へ